記事上部KPリンク(メール講座)

引き寄せの法則は「ワクワク」「いい気分」でいることが大切!と言われるけど…

2017.10.15 2017.10.02引き寄せの法則
引き寄せの法則は「ワクワク」「いい気分」でいることが大切!と言われるけど…

引き寄せの法則で願いを叶えるためには、ワクワクすること、いい気分でいることが大事と言われますよね。

引き寄せ関連のいろいろな書籍やブログを当たっても、ほぼ間違いなくどれにもそのような趣旨のことが書かれています。

たしかに、引き寄せの法則を活用するにはポジティブな気分でいることは非常に重要なのですが、なぜポジティブな気分でいることが重要なのか? ということが腑に落ちていないと、無用な心配をしてしまうことになります。

実は、このブログのメール相談にも、たまに「ワクワクした気持ちになれないんですが…」というご相談を頂きます。

今回は、引き寄せの法則を活用するためにワクワクすること、いい気分でいることが大切と言われる理由、そして具体的に「ワクワク」「いい気分」てどんな気分? ということについて一緒に考えていきたいと思います。

引き寄せの法則で言われる「ワクワク」の意味

「ワクワク」と聞くと、あなたはどんなイメージを持ちますか?

おそらくほとんどの人はエキサイティングというか、少なからず興奮した状態をイメージするのではないかと思います。しかし、興奮しているかどうかは、引き寄せにおいては重要ではありません。

引き寄せにおいて重要なのは、今の気分がポジティブなものかどうかです。

ネガティブな状態でワクワクできる人はいませんので、ワクワクしていることが引き寄せにおいて効果的な状態であることは間違いないですが、ワクワクしている気持ちの状態とは、引き寄せの法則を活用する上で効果的な状態の一つにすぎません。

つまり、引き寄せを実践する上で、必ずワクワクしていなければいけないというわけではないのです。

叶ったときになるであろう気持ちの状態を先取りする

引き寄せの法則を活用する上で重要なのは、叶ったときになるであろう気持ちの状態を先取りして、今感じるということです。

願いが叶ったときにネガティブな気持ちになることはないでしょうから、ポジティブな気持ちであることは間違いないですが、あくまでも「ワクワク」というのはそのうちの一つの状態で、必ずしも興奮していたり、ドキドキしている必要はないのです。

願いが叶ったときに、リラックスした状態でじんわりと幸せを感じることだってもちろんあるでしょう。それは願いの内容によってさまざまでしょうが、大事なのは願いが叶ったとき(または叶ったあと)のことを想像して、そのときの気持ち・気分を「今」感じるということです。

大金が手に入ったときのことをイメージすれば興奮した気持ちになるかもしれませんが、すでに大金を手に入れて優雅な生活をしていればリラックスして楽しい時間を過ごしているかもしれませんよね?

つまり、ワクワクしていようがいまいがどちらでもいいということ。あなたが願いが叶ったあとにどのような気分を味わいたいのかということ、そして、その気分を先取りして味わうことが大事になるということです。

気持ちの先取りにはイメージングがおすすめ

そして、気持ちを先取りして感じるには、やはりイメージングがおすすめです。

願望が叶ったあとの世界に想いを巡らせるとき、何も感じない方が難しいですよね? もし何も感じないのであれば、それはもはや願望ではありません。

そうやって「感情を味わう」ことが、引き寄せの法則を活用する上でとても重要です。その感情が必ずしもワクワクと昂(たかぶ)ったものである必要はありません。(もちろん、願望の内容によっては昂ることもあります)

ですので、「ワクワクできない…」と悩まず、「叶ったときの感情を先取りして感じられているか」と意識して見て頂ければと思います。

(記事下部)虎流願望実現メソッド

虎流願望実現メソッド

”月収12万円・独身・彼女ナシの男が、
3ヶ月で復縁、6か月で月収100万円、1年半で結婚”

人生を大きく変えた願望実現メソッドを
ついに公開します。

あなたの潜在意識を目覚めさせる方法

イメージング、アファメーション、断言法、夢ノート…… 引き寄せの法則に効果的と言われることはいろいろやっているのに、いまいちうまくいかない。

そんなときは、もっと根本的なところに原因があるかもしれません。

  あなたの潜在意識はなぜ、眠ったままなのか?

玉野 虎

玉野 虎

月収12万円・独身・彼女ナシの状態から、潜在意識と引き寄せの法則を活用して開始から3か月で復縁、6か月で月収100万円突破、1年半で結婚と人生を大きく変えました。