記事上部KPリンク(メール講座)

感謝することで潜在意識が味方になる!

2016.02.23 2016.08.14アファメーション
感謝することで潜在意識が味方になる!

書籍『ザ・シークレット』では、「引き寄せの法則の知識からもっとも重要なものを一つ選ぶとしたら、それは感謝である」という趣旨のことが書かれています。また、人生の成功についてとてもためになる教えを説いている斎藤一人さんも「ありがとうと言い続けるといいことが起こる」ということを仰っています。

この宇宙のすべてのものは、形あるものも形のないものも波動を持っていると言われています。その波動が似たものが共鳴しあい、引き寄せあいます。引き寄せの法則が「思考に似たものが引き寄せられる」法則だと言われているのは、こうした波動の働きが原因となっています。

あなたが「こうなりたくないな」と日頃から思っていると、その思考の波動が似たものと共鳴しあい、それを引き寄せます。すると、あなたをさらに「こうなりたくない」と思わせるものが引き寄せられてくるのです。

これが逆に、あなたがいつも「ありがたいな」と思っていたらどうなるでしょうか?もちろん、あなたをさらに「ありがたい」と思わせてくれるようなできごとがあなたのもとに引き寄せられてきます。

感謝するからうれしいことが起こる

ほとんどの人は、うれしいことがあったから感謝したくなるものだと思っています。たしかに、うれしいできごとがあれば感謝する気持ちが持てて、それが波動となりさらにうれしいできごとを引き寄せてくれます。でもそれでは、私たちはうれしいできごとが起こるまで、ひたすら望まない現実を耐えるしかないのでしょうか?

量子物理学により、この世界は思考から作り出されたということが証明されています。すべては思考からはじまっていると考えると、むしろうれしいできごとが起こるから感謝の気持ちが沸き上がるというのは逆であるといえます。

まずはじめに、あなたを生かしてくれているこの世界、宇宙に感謝してみましょう。あなたと日々を過ごしてくれている友人、あなたをこの世に生んでくれた両親、あなたの命をつないでくれている食べ物や水、呼吸をさせてくれる空気、考えてみれば、この世は感謝すべきものだらけであることに気が付くはずです。

それらのすべてに、まずは「ありがとう」と感謝の気持ちを持ってみてください。そうすることで、その感謝の気持ちが波動となり、それに似たもの=感謝したくなるものがどんどん引き寄せられてきます。

まずは「ありがとう」と何度もつぶやいてみる

この世のすべてのものは、形あるものも形のないものも波動を持っていると言いました。ですから、言葉だってもちろん波動を持っています。

あなたは「言霊」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?これは言葉が持っている波動であると考えることができます。プラスの言葉はプラスの波動を持っていて、プラスのものを引き寄せます。

ですから、まずは「ありがとう」とつぶやいてみてください。心がこもっていなくても大丈夫です。ただただつぶやいていると、その「ありがとう」という言葉の波動が、あなたに「ありがとう」と思いたくなるようなものを引き寄せ、気が付けば心の中が自然と感謝の気持ちでいっぱいになっていきます。

それまでまったく女性にモテなかった男性が、「ありがとう」を1日1万回心の中で唱えたら女性にモテまくるようになったという話があります。この男性もはじめはまったく心をこめず、ただひたすら数をこなしていただけだったそうです。それが気が付けば自然と感謝の気持ちで満たされるようになり、それに比例して次々と女性と関係を持てるようになったということです。

感謝→うれしいできごと→感謝→うれしいできごと、という正のスパイラルを起こすのは、実は非常に簡単なのです。まずは1日100回、「ありがとうございます」や「感謝しています」という言葉をつぶやくことからはじめてください。10日もすれば、何かうれしい変化が起こるかもしれませんよ。

(記事下部)虎流願望実現メソッド

虎流願望実現メソッド

”月収12万円・独身・彼女ナシの男が、
3ヶ月で復縁、6か月で月収100万円、1年半で結婚”

人生を大きく変えた願望実現メソッドを
ついに公開します。

あなたの潜在意識を目覚めさせる方法

イメージング、アファメーション、断言法、夢ノート…… 引き寄せの法則に効果的と言われることはいろいろやっているのに、いまいちうまくいかない。

そんなときは、もっと根本的なところに原因があるかもしれません。

  あなたの潜在意識はなぜ、眠ったままなのか?

玉野 虎

玉野 虎

月収12万円・独身・彼女ナシの状態から、潜在意識と引き寄せの法則を活用して開始から3か月で復縁、6か月で月収100万円突破、1年半で結婚と人生を大きく変えました。