潜在意識の法則〜潜在意識が現実を創造する〜

私たちは、自分の意識の一部しか使っていないと言われています。

では、残りの部分はどこにあるのでしょうか。
それが潜在意識です。

潜在意識とは、私たちが普段気づかないように働いている心の深層部分のことです。
潜在意識は、私たちの思考や感情、信念、記憶、習慣などを保存しており、私たちの行動や判断に影響を与えています。

しかし、潜在意識はそれだけではありません。
潜在意識は、私たちの現実を創造する力を持っているのです。

潜在意識が現実を創造する仕組み

潜在意識が現実を創造する仕組みはどのようなものでしょうか。

それは、潜在意識が私たちの思考や感情に反応し、それに応じた現実を引き寄せるというものです。

たとえば、自分は幸せになれないと思っている人は、潜在意識がその思考を受け取り、幸せになれないような状況や人間関係を引き寄せます。

逆に、自分は幸せになると思っている人は、潜在意識がその思考を受け取り、幸せになるような状況や人間関係を引き寄せます。

このように、潜在意識は私たちの思考や感情に忠実に従って現実を創造します。

潜在意識を活用する方法

潜在意識を活用する方法はいくつかありますが、ここでは代表的なものを紹介します。

まず、ポジティブな思考や感情を持つことです。

ポジティブな思考や感情は、潜在意識にポジティブなメッセージを送ります。

すると、潜在意識はそのメッセージに応えて、ポジティブな現実を引き寄せます。

次に、アファメーションやビジュアライゼーションを行うことです。

アファメーションとは、自分が望む状態や目標を肯定的な言葉で繰り返し唱えることです。

ビジュアライゼーションとは、自分が望む状態や目標を心の中で鮮明にイメージすることです。

これらの方法は、潜在意識に強力な印象を与えます。

すると、潜在意識はその印象に合わせて現実を創造します。

潜在意識を活用した人たち

潜在意識を活用した事例は数多くありますが、ここでは有名なものをいくつか紹介します。

まず、トーマス・エジソンです。

エジソンは発明家として知られていますが、彼は自分の発明のアイデアを得るために潜在意識を利用していました。

彼は自分の問題を潜在意識に委ねて眠りにつき、目覚めたときに答えが浮かぶという方法をとっていました。

次に、アルベルト・アインシュタインです。

アインシュタインは物理学者として知られていますが、彼も自分の理論を導くために潜在意識を利用していました。

彼は自分の問題を潜在意識に委ねてヴァイオリンを弾いたり、散歩したり、夢を見たりすることで、ひらめきを得ていました。

最後に、オプラ・ウィンフリーです。

ウィンフリーはテレビ司会者として知られていますが、彼女も自分の成功のために潜在意識を利用していました。

彼女は自分の夢や目標を紙に書き出し、それを毎日見て感謝したり、実現したかのように振る舞ったりすることで、潜在意識に刷り込んでいました。

潜在意識を活用する方法

潜在意識を活用する方法はたくさんありますが、ここでは簡単なものを紹介します。

まず、毎日自分の望む状態や目標を書き出すことです。

これによって、潜在意識に自分の願望を明確に伝える効果があります。

次に、毎日自分の望む状態や目標を声に出して読み上げることです。

これによって、潜在意識に自分の願望を強く印象付ける効果があります。

最後に、毎日自分の望む状態や目標を鮮明にイメージすることです。

これによって、潜在意識に自分の願望を現実化する効果があります。

まとめ

まとめると、潜在意識とは私たちが普段気づかない心の深層部分であり、私たちの現実を創造する力を持っています。

私たちはポジティブな思考や感情を持ち、アファメーションやビジュアライゼーションなどの方法で潜在意識に働きかけることで、自分の望む現実を引き寄せることができます。

また、成功者の中には潜在意識を活用している人も多くいます。

私たちも彼らのように潜在意識を活用した自己啓発法で自分の夢や目標を実現しましょう。

PS:このブログでは引き寄せ初心者の方に向けて、引き寄せの法則を分かりやすくお伝えしています。「引き寄せについてもっと知りたい」「引き寄せるための思考・習慣を身につけたい」という方に向けた情報は、noteで発信しています。マガジンでは過去の有料記事もすべて読めるようにしています。