引き寄せの法則

引き寄せの法則の本質と方法、そして9割以上の人がしている誤解とは?

[balloon]引き寄せの法則なんて、本当にあるの?
「思考が現実化する」っていうけど、非科学的で胡散くさい
一向に願いが叶わない… 引き寄せの法則なんて嘘だ![/balloon]

このページは、そんな引き寄せの法則をいまいち信じられない、実践してみたけれどうまくいかないというあなたに向けて書いています。

このブログでは、それまでにも引き寄せの法則の本質や活用方法、そして多くの人が誤解しがちな点について、いろいろな角度からお伝えしてきました。

このページは、それらのまとめとして読んで頂ければうれしいです。

[check_list]
[li]これまでの私自身の経験[/li]
[li]いろいろな書籍やブログを読み漁って勉強したこと[/li]
[li]メール相談を頂く中で得た気づき[/li]
[/check_list]

などを踏まえて、できるだけ引き寄せについて何も知識のない状態の方にも「引き寄せの法則とは何か?」を分かって頂けるようにお伝えできればと思っています。

目次

引き寄せの法則とは?

日本で引き寄せの法則が注目を浴びるようになったのは、2007年に出版された『ザ・シークレット』と『引き寄せの法則 エイブラハムとの対話』がきっかけです。

それまでにも、「マーフィーの法則」やナポレオン・ヒル氏の著書『思考は現実化する』などで、その存在を知っている人はいました。

しかし、『ザ・シークレット』は映画という形で公開された(後に書籍も出版された)こと、また内容も「見せ方」を意識したものであったために、多くの人が引き寄せの法則というものを知るきっかけになったと言っていいと思います。

『ザ・シークレット』が出版されたのと同時期に『引き寄せの法則 エイブラハムとの対話』が出版されたわけですが、こちらは『ザ・シークレット』のようなエンターテイメント性はありませんが、引き寄せの法則の本質的な部分を深く掘り下げた内容になっています。

引き寄せの法則を分かりやすく伝えた『ザ・シークレット』、その本質を的確にとらえた『引き寄せの法則 エイブラハムとの対話』。

この2冊のおかげで、私たちはこの宇宙を貫く法則(=引き寄せの法則)に出会うことができたわけです。

引き寄せの法則の本質

引き寄せの法則とは、その言葉通り「引き寄せる」法則です。

しかし、より正確に表現するのであれば、似た者同士が「引き寄せ合う」と言った方がいいかもしれません。

あなたもこれまでの人生の中で「波長が合う」という経験をしたことがあるでしょう。

これは友人・同僚などの人に限らず、モノにでも言えることです。

波長が合うと、引き寄せ合うという仕組み

水でも空気でも、そして私たちの身体でも、元をたどれば分子・原子というごくごく小さい粒がたくさん集まってできています。

そして量子力学では、それらの粒の最小単位は「素粒子」であるとされています。

私たちの身体や身の回りのモノには、固いモノ・柔らかいモノ、明るい色のモノ・暗い色のモノなど、いろいろな特徴を持った物質がありますよね?

でも、元をたどればすべて同じ「素粒子」で構成されているというわけです。

そして重要なのは、この素粒子が常に振動しているということ。

ギターをやったことがある人はイメージしやすいかもしれませんが、ギターのチューニングをする際、ある弦を鳴らすと触れあってもいない他の弦がビリビリ振動しますよね?

これは、弾いた弦と同じ音の出る弦が共鳴するために起こる現象です(「同じ」というのが非常に大事です)。

次に、水を張った水槽の中に、油を1滴落としたとイメージしてみてください。

すると、その油は水とは混ざり合わず、固まりになって水面を漂うでしょう。

つまり、似た性質もモノは集まろうとし、似ていないものは互いに混ざり合おうとしないのです。

これこそが、引き寄せ法則の本質です。

似た性質のモノは集まろうとするため、引き寄せ合うのです。

では、何をもってして「似ている」とするのかというと、振動とか波動というものです。

先ほども言いましたが、この宇宙のすべてのものは「素粒子」でできています。

元をたどれば皆同じ。でも、そこに「似ている・似ていない」という性質を持たせているのが振動です。

私たちは素粒子レベルで見れば常に振動しているのです。

そして私たちの振動の波長が何で決まるかと言えば、「思考」というわけです。

ポジティブな思考をしているときにはポジティブな波長、ネガティブな思考をしているときにはネガティブな波長を発しています。

そして、ポジティブな波長を持つ同士が集まろうとするため、引き寄せ合うのです。

なぜ、私たちは願いを叶えたいのか?

引き寄せの法則に興味を持つ人は、恋愛でもお金でも、何かしらの願望があるはずです。

ではなぜ、私たちは願望を叶えたいと思うのでしょうか?

それは突き詰めて言えば、「幸せになりたい」からです。

私たちは願望を叶えたいと考えていますが、実のところ願望を叶えることが目的ではありません。

願望を叶えた先にある「幸せ」を味わうことが目的であるわけです。

たとえば、「素敵な恋人がほしい」という願望を持っていたとして、仮に素敵な恋人とは出会えたけれど借金まみれでいつもお金に困っているというような人生、あなたならほしいですか?

また、「お金持ちになりたい」という願望を叶えたとしても、いつも身の回りに争いが絶えず家族仲も冷え切っているというような人生ならどうでしょうか?

つまり、たとえ願望を叶えたとしても、その先に「幸せ」がなければ意味はないのです。

言いかえれば、私たちの願望とはすべて「幸せである」ということなのです。

極論、いい気分でいさえすれば願いは叶う!

私たちの願望が「幸せである」ことなら、それを引き寄せるにはそれに波長を合わせた思考をすればいいことになります。

それでは、「幸せである」とはどのような状態のことでしょうか?

[check_list]
[li]お金がいっぱいあること?[/li]
[li]素敵な恋人がいること?[/li]
[/check_list]

先ほども言いましたが、たとえそれらが手に入ったとしても「=幸せ」ということにはなりません。

重要なのは何を手に入れたかではなく、どんな気持ち・気分でいられるかということなのです。

つまり突き詰めてしまえば、「いい気分」でいさえすれば、願いは自動的に叶っていくということ。

これは卵が先かニワトリが先かみたいな話になりますが、「今」いい気分でいられれば、それはすでに願いが叶ったあとの状態になっているとも言えるわけです。

なぜなら、私たちが願望を叶えたいと思うのは、幸せを味わうため(=いい気分になるため)なのですから。

誤解がないように言っておきますが、気持ちが満たされていればお金も恋人も必要ないという意味ではありません。

むしろ逆で、気持ちが満たされているのにお金も恋人も手に入らないということは、引き寄せの法則の本質に照らせばあり得ないことなのです。

最高にいい気分の状態、それは「感謝」

『ザ・シークレット』では、

[balloon]引き寄せの法則の知識からもっとも重要なものを一つ選ぶとしたら、それは感謝である[/balloon]

という趣旨のことが書かれています。

感謝の気持ちでいるとき、私たちの思考は「さらに感謝したくなるようなできごと」を引き寄せる波動を発しています。

言いかえれば、常に感謝の気持ちを持って日々生活することで、引き寄せの法則を活用する上で最高の状態を作り上げることができるというわけです。

もし今現在、「自分はこうなりたい」という明確な願望がなかったとしても、まずは日々感謝するところからはじめてみることをおすすめします。

そうすることで、幸せなこと・感謝したくなるようなことがあなたのもとにどんどん引き寄せられてきます。

引き寄せの法則を活用する方法

私たちは、自分たちが発している振動(波動)の波長によって、似た者同士で引き寄せ合っています。

そして、何によって波長が決まるのかと言えば、「思考」という話をしました。

それでは、引き寄せの法則を活用して願いを叶えるためには、この思考をコントロールできるようになればよさそうですよね?

ということで、次は引き寄せの法則の活用術、つまりは思考のコントロール方法についてお話ししていきたいと思います。

イメージング

思考とは何か?

結論から言えば、それはイメージ(映像)です。

ポジティブなイメージを思い描くと、そのイメージと似たものが引き寄せられてきます。

さらに言えば、思考には強弱があります。

想いが強ければ強いほど、それと酷似したもの、もしくはまったく同じものだって引き寄せることができてしまうのです。

つまり、願望のイメージを強く明確に描くことができれば、引き寄せの精度を上げることができるというわけです。

そのため、引き寄せの法則の活用方法として代表的なものに「イメージング」というものがあります。

人によってはビジュアライゼーションと言ったりもしますが、やることは同じです。

願望が叶ったイメージやほしいもののイメージをすることで、その思考によって共振が起こり、引き寄せられるというしくみです。

イメージングの方法については以下の記事で書いています。よかったら読んでみてください。

[internal id=227]
[internal id=606]
[internal id=995]
[internal id=997]
[internal id=333]

イメージングがうまくできない…という人へ

引き寄せに挑戦してみたけれど「イメージングがうまくできない」という人がたまにいます。

でもそれは、多くの場合はうまくできていない「気がしている」だけです。

試しに好きな人のことを考えてみてください。

[check_list]
[li]今食べたいものは何ですか?[/li]
[li]どこか行きたいところはありませんか?[/li]
[/check_list]

それらについて思い浮かべたときに、うれしくなったりワクワクしたりなど、感情が動けばそれは「イメージングができている」ということ。

なぜなら、今目の前に好きな人はいませんし、食べたいものもありません。

行きたいところに今、いられているわけではありません。

にもかかわらず、それを思い浮かべることで楽しい気持ちになったりうれしい気持ちになっているわけです。

これはつまり、イメージ(思考)によって感情が動いたということなわけです。

まずいのは、「自分にはうまくできない」と考えてしまうこと。

それによって「うまくやらなきゃ」とか「上手にならないと引き寄せられない」とか「引き寄せるまでに時間がかかりそう」などと考えてしまうと、本当に引き寄せがうまくいかなくなってしまいます。

上記のことができるのであれば、あなたはイメージングをできています。

焦ったり力んだりせず、楽しみながら取り組んでみてい頂ければと思います。

アファメーション

イメージングと並んで代表的なのが、アファメーションと呼ばれる方法です。

アファメーションとは、自分の願望をポジティブな言葉を使って文章にし、何度も唱えるというものです。

なぜこれが効果的なのか?

それは、潜在意識に刷り込まれている信念(思考の癖)を書き換えることができるから。

たとえば、「いつもお金がない」という人は、以下のような信念を持っています。

[check_list]
[li]自分にはお金がない[/li]
[li]お金は苦労して手に入れるもの[/li]
[li]お金は悪いもの[/li]
[li]金持ちに善人はいない[/li]
[/check_list]

ここで言う信念とは思考の癖のようなもの、思考するときの自分なりのルールみたいなものなので、上記のような信念を持っていればお金をイメージしたときにネガティブな感情が湧いてくるわけです。

ネガティブな感情が湧いてくるということは、つまりよくないものを引き寄せてしまうということです。

そのため、「お金で苦労し続けるような現実」を引き寄せてしまうのです。

アファメーションは、この信念を書き換えることで、思考の習慣を変えてしまおうという方法です。

「私は金持ちだ」と何度も言葉にして繰り返すことで、潜在意識にこびりついている古い信念をこそぎ落とし、新しい信念を定着させるのです。

お風呂掃除などのとき、ブラシで床や壁をゴシゴシしますよね? あんなイメージで取り組んでみてください。

そうすることで思考のルール自体が分かるため、これまでの苦労が嘘のようにスムーズに願望実現へと流れだすのです。

アファメーションについては以下の記事で書いていますので、よかったら読んでみてください。

[internal id=371]
[internal id=338]
[internal id=592]
[internal id=553]
[internal id=484]

すべての願望に有効な最強のアファメーション

『ザ・シークレット』で紹介されているアファメーションで、すべての願望に効果的とされている「最強のアファメーション」というものがあります。

[blockquote]チャールズ・ハーネルは、彼の著書『ザ・マスター・キー・システム』の中で、誰もが必ず欲しいと思う全てのものが含まれているアファメーション (自己暗示のための断言) が存在し、しかもそれは、全てのものに調和をもたらすと書いています。

更に、彼は「その理由は、そのアファメーションが真理とぴったり符号しているからです。その真理の前では、間違いや不調和なものは必然的に消え去りますから」と付け加えています。[/blockquote]

そのアファメーションというのが、以下のものです。

[balloon]私は全てです。
私は完璧です。
私は強靭です。
私には力があります。
私は愛情豊かです。
私は調和が取れていて、幸せです。[/balloon]

なぜこのアファメーションが最強なのか?

それは上の引用でもあるように、誰もが持つであろう願望を叶えるのに最適な状態に思考を整えることができる。

そうなるための言葉がすべて含まれているからです。

いくらイメージングやアファメーションに取り組んでも、いつも現実に引き戻されてしまうという人は、そもそも思考が不安定で引き寄せをする準備が整っていないのかもしれません。

そういう場合には、まずはこのアファメーションを試してみてください。

断言法(ノートに書く方法)

アファメーションでは、願望を声に出したり心の中で何度も唱えることで、潜在意識にある信念(思考の癖)を変えていきます。

同じように言葉を使った方法で、ノートなどに願望を書くことで引き寄せの法則を活用する「断言法」というものがあります。

実は「断言法」とはアファメーションの日本語訳なのですが、いろいろな書籍を読んでいると

[check_list]
[li]アファメーション=唱えるもの[/li]
[li]断言法=書く方法[/li]
[/check_list]

として区別されているものが多いため、ここではそれに倣っています。

なお、先ほど「感謝」の重要性についてお話ししましたが、「感謝ノート」という方法で、その効果を高めることができます。

やり方は簡単で、自分の願望や手に入れたいものを現在形もしくは過去形でノートに書きこむだけ。

たとえば、「お金持ちになりたい」という願望なら、

[check_list]
[li]私は好きなことをしていて、年収3000万円を超えています、ありがとうございます。[/li]
[li]私はあり余るほどのお金を持っています、ありがとうございます。[/li]
[li]私はお金を引き寄せる磁石です、ありがとうございます。[/li]
[li]私にはなぜか分からないけどお金が入ってきます、ありがとうございます。[/li]
[li]私のもとにお金が雪崩のように流れ込んできます、ありがとうございます。[/li]
[/check_list]

というような感じで、文章の最後に「ありがとうございます」をつけてノート見開き1ページに繰り返し書いていきます。

ノートを使った引き寄せの法則活用法については、以下でご紹介しています。よかったら読んでみてください。

[internal id=65]
[internal id=191]
[internal id=162]
[internal id=231]
[internal id=433]
[internal id=518]
[internal id=861]

どんな願いも叶う?願望別にみる引き寄せ実践法

はじめに言っておくと、引き寄せの法則において「この願いは叶うけど、あの願いは叶わない」ということはありません。

私たちはそれぞれ、

[check_list]
[li]素敵な恋人を引き寄せたい[/li]
[li]結婚して穏やかに暮らしたい[/li]
[li]好きなことをしてお金を手に入れたい[/li]
[li]異性が放っておかない魅力的な容姿を手に入れたい[/li]
[li]たくさんの友人に囲まれ楽しく行きたい[/li]
[/check_list]

など、さまざまな願望を持っています。

引き寄せの法則は特別な能力ではなく、この世界(宇宙)に一定の条件下で常に働いている「法則」です。

ですので、「恋愛の引き寄せはできるけどお金の引き寄せは難しい」というようなことはありません。

どんな願いでも、引き寄せの法則を活用することで引き寄せることはできます。

とはいえ、「こんな願いのときはどんな風に引き寄せればいいの?」という疑問がわくのも事実。

ここでは「こんな風に引き寄せ実践してみては?」という提案を、ケース別にご紹介していきます。

恋愛・素敵な恋人を引き寄せるには?

引き寄せの法則では、片想いの相手など「特定の相手」を引き寄せるのは不可能と言う人もいます。

しかし、私自身の経験や引き寄せの法則・潜在意識の仕組みから考えれば、私は特定の相手を引き寄せることはできると考えています。

私たちの思考には波動があり、その波長が似ているもの同士が引き寄せ合うというお話をしました。

これは言いかえれば、人間(に限らずですが)は自分にとって心地よいものに引かれ、心地よくないものから遠ざかる性質があると言えます。

つまり、片想いの相手など特定の人を引き寄せるには、あなたがその人にとって「心地のよい存在」になることが効果的です。

片想いの相手を振り向かせたいという場合、どうしても「振り向いて!」とか「なんで気持ちに気付いてくれないの?」と考えてしまいがちです。

しかし引き寄せの法則において、このような思考をすることは逆効果です。

人間は潜在意識のレベルで他者に思考を強制されることを嫌います。

「振り向いて!」「気持ちに気付いて!」というのは、思考の強制に他なりません。

つまり、そういう思考をしてしまうと、相手は無意識にあなたに対して心地の悪さを感じ、遠ざかろうとしてしまうのです。

では、恋人を引き寄せるにはどうすればいいのか?

結論から言えば、「相手の幸せな姿をイメージする」ことです。

好きな人が幸せそうにしている、穏やかに暮らしている場面をイメージすることで、あなたの想いは潜在意識をとおして相手に伝わります。

すると、相手はあなたに対して無意識に心地のよさを感じるようになります。

あなたといることが心地いい、何も強制されないからこそ、傍にいたくなるのです。

なお、好きな人の幸せなイメージをするときに、必ずしもあなたと一緒にいる場面をイメージする必要はありません。

二人が一緒にいるイメージを幸せをいっぱいに感じながら、ワクワクしたり涙が出るほど喜びが湧き上がってくるのであれば、そういうイメージングも効果的です。

でも、それよりも大事なことは「好きな人の幸せ」をイメージし、そのイメージによってあなた自身が幸せを感じることです。

あなたの幸せを、自分の幸せを同じように喜び願ってくれる人がいたら、あなたはどう感じますか?

恋愛の引き寄せにおいてもっとも大事なのは、「相手の幸せ=自分の幸せ」という思考です。

[internal id=181]
[internal id=1568]
[internal id=536]
[internal id=143]
[internal id=110]

去っていった恋人と復縁するには?

引き寄せの法則を活用して復縁を果たしたいと願っている人はたくさんいると思います。

私自身、過去に復縁を引き寄せ、現在はその相手を結婚をしていますので、このブログに頂くメール相談もそういう内容のものが多いです。

復縁の引き寄せは「特定の相手の引き寄せ」であるため、不可能だ・難しいという意見もありますが、私の考えでは復縁だからこそ引き寄せがしやすいケースもあると思っています。

なぜなら、過去に復縁したい相手との幸せな時間を経験しているからです。

引き寄せの法則を活用するには、手に入れたい願望をできるだけリアルにイメージすることが大事だと言われています。

その意味では、復縁であれば当然「過去に付き合っていた人」をイメージするわけですので、リアルなイメージを作り上げる材料には事欠きません。

たとえ交際期間中、幸せな思い出が少なかったとしても、そこは思い通りに書き換えられるのがイメージのメリットです。

付き合っていた頃の記憶を叩き台にして、理想のイメージを作り上げてしまいましょう。

そして、忘れないでほしいのは、上でもお話ししたように「相手の幸せ」をイメージし、その姿をみてあなた自身も幸せに浸ること。

もしかしたら、一度別れを経験している分、はじめのうちは難しいかもしれません。

それでもイメージングを続けているうちに、相手の幸せを臨場感をもって感じられるようになります。

復縁を引き寄せたい人に特にお伝えしたいのは、「継続するほどイメージは鮮明に・強力になる」ということです。

ですので、ほんの数回やって「無理だ!」をイメージングをやめてしまわないでください。

もちろんイメージングをして悲しくなるなら無理はしないでほしいですが、できる範囲・気持ちの許すところから、相手の幸せな場面をイメージするところからはじめてみてください。

[internal id=1596]
[internal id=1660]
[internal id=878]
[internal id=205]
[internal id=188]
[internal id=42]

理想の結婚相手を引き寄せるには?

理想の結婚相手と出会うのにも、引き寄せの法則は活用できます。

ただ、注意して頂きたいのは、

[check_list]
[li]外見で結婚相手を選んではいけない[/li]
[li]結婚に恋愛のようなトキメキを求めてはいけない[/li]
[/check_list]

というような、世間一般で言われているような「結婚とはこうあるべき」という価値観をそのまま受け入れてしまわないことです。

大事なのは、世間に認められるような結婚をすることではなく、あなたが理想とする相手と結婚をすることです。

[check_list]
[li]外見は?[/li]
[li]年収は?[/li]
[li]性格は?[/li]
[li]職業は?[/li]
[li]仕事は?[/li]
[/check_list]

「こんなこと望んでいいのかな?」などと考えてしまわず、あなたの理想の結婚相手を遠慮することなくイメージしてください。

むしろ遠慮してしまうと本来の自分の願望から理想像が外れるため、引き寄せが起こりづらくなります。

イメージがある程度固まってきたら、今度はそのパートナーとの幸せな結婚生活をできるだけリアルにイメージします。

「できるだけリアルなんて言われても……」と思われるかもしれませんが、何をもってして「リアル」とするかといえば、「臨場感」です。

つまり、そのイメージをしながら感情を目一杯感じるのです。

ホラー映画なんかを観ていると、そこの角から今にも何か飛び出してくるんじゃないかとドキドキハラハラしたり、手に汗を握ったりしますよね?

簡単に言えば、それが「臨場感」です。

実際にはホラー映画を観たところで、本当に怖い目に遭うわけではありません。

でも、映画の世界に感情移入することで、それをリアルに感じているのです。

効果的なイメージングとは、この映画を観ているときのような臨場感があるものです。

理想の結婚生活をイメージしながら、ジワッと胸が温かくなったり、ときには涙がにじんでくることもあるかもしれません。

イメージングをしてそんな風に感情移入できれば、引き寄せは起こります。

また、引き寄せの法則を活用する上で大事なこととして、「ゴール(結果)にフォーカスする」というのがあります。

つまり、理想の相手と結婚したいのであれば、幸せな結婚生活をイメージすることが大切です。

特に女性に多いように思いますが、「こんな風に出会って、こんな風にプロポーズされて、こんな結婚式を挙げて、…」というように、結婚までの過程を事細かに決めてしまおうとする人がいますが、これは引き寄せには逆効果です。

そもそも「願望とは何か?」というところから考えてみて頂きたいのですが、出会いやプロポーズ、結婚式というのは願望ではなく過程に過ぎません。

素敵なプロポーズさえしてもらえれば、その後の結婚生活は破たんしていてもいい、理想の結婚式さえ挙げられればすぐ離婚してもいい、というのであれば別ですが、多くの人の願望はあくまでも「幸せな結婚」ではないかと思います。

ですので、ただ結果(=幸せな結婚)に思考を集中してください。

幸せな結婚を全身全霊でイメージしましょう。

そうすれば、潜在意識はあなたが望んだ形で、もしかしたらそれ以上の形で結婚までの道筋を引いてくれます。

[internal id=62]
[internal id=1602]
[internal id=1665]
[internal id=857]
[internal id=199]

引き寄せの法則で妊娠を引き寄せられる?

最近、「妊活」という言葉が流行っていますね。

子どもがほしいのに、なかなか授からない…… とお悩みの人もいると思います。

そんな方にも是非、引き寄せの法則を活用して妊娠を引き寄せてみてほしいと思います。

妊娠の引き寄せでポイントとなるのは、上の結婚の引き寄せでもお話ししたように、「結果に思考を集中すること」です。

つまり、妊娠が発覚するまでの過程とか、出産時に起こることなどをすべて飛び越えて、すでに赤ちゃんをその腕に抱いていることをイメージするのです。

イメージングしながら、赤ちゃんの重さやぬくもりなどをリアルに感じます。

そして、その喜びを全身全霊で味わってください。イメージが鮮明になってくると、そのときの感情によって涙が流れたり感動で胸がジーンとすることもあります。

私たちは感動的な映画の結末に涙できることからも分かるように、イメージや架空のストーリーに感情移入できる能力を持っています。

ですので、もしはじめのうちはイメージがぼんやりしていても何度も繰り返しイメージングに取り組んでみてください。

そうしていくことで、必ずイメージは明確に・強力になっていきます。

また妊娠の引き寄せで大切なことは、もし周りの人が妊娠したときには、自分のことのように喜んであげること。

そうやって喜びを感じることで、潜在意識にあなたがどんな感情を欲しているのか伝えることができます。

それに、潜在意識はあなたの発する言葉が誰に向けれらものであるかを区別しません。

ですので、ご友人や知人が妊娠したときには、目一杯「おめでとう」と言ってあげましょう。そうすれば、その「あめでとう」は近い将来必ずあなたに返ってきます。

[internal id=195]

引き寄せの法則でお金持ちになれるのか?

「引き寄せの法則で、お金を引き寄せることもできるの?」というのは、多くの人が興味のあるところだと思います。

実際、このブログに頂くメール相談でも、恋愛系の引き寄せについて多いのが、お金にまつわる引き寄せです。

もちろん、引き寄せの法則と活用すれば、お金を引き寄せることもできます。

とはいえ、「お金の引き寄せを実践しているのに、一向に変化の兆しがない……」と悩んでいる人も多いでしょう。

お金の引き寄せがうまくいかない場合、原因の多くはあなたの心に潜んでいるお金に対する「メンタルブロック」です。

メンタルブロックとは、言いかえれば潜在意識に植え付けられた「お金を遠ざけるような信念(思考の癖)」のことです。

あなたはもしかしたら、お金に対してこんなイメージを持っていないでしょうか?

[check_list]
[li]お金は苦労した分だけ手に入るもの[/li]
[li]お金を欲しがるのは恥ずかしいこと[/li]
[li]お金は働いて稼ぐもの[/li]
[li]お金を持つと悪い人が集まってくる[/li]
[li]お金持ちに善人はいない[/li]
[/check_list]

これらのイメージはすべて、お金に対してメンタルブロックがあるために出てくるものです。

心の表面の部分では「お金がほしい」「豊かになりたい」と思っていても、潜在意識のレベルでお金に対してブロックがあると、お金を持つことを恐れたり、お金を手に入れるまでにものすごい苦労をすることになってしまいます。

私たちのほとんどは、子どもの頃から両親や学校の先生など周りの大人から

[check_list]
[li]お金を稼ぐことは大変[/li]
[li]他人の役に立ってはじめてお金をもらえる[/li]
[li]働かざる者食うべからず[/li]
[/check_list]

という感じで、「お金=労働の対価」という価値観をこれでもかと言うほど刷り込まれます。

そのため、多くの人がお金とは縁のない人生を歩むことになってしまうのです。

しかしこれは、見方を変えれば「ブロックさえ外せばお金が流れ込んでくる」ということでもあります。

お金のメンタルブロックを外すには、潜在意識が根負けするくらいアファメーションを繰り返し、強制的に信念を書き換える方法がおすすめです。

この方法は、ある潜在意識系の掲示板に現れた199さんという方が書き込んだ、ご自身がお金を引き寄せた方法です。

お金を強力に引き寄せる199メソッドとは?

以下が、199さんが実際に書き込まれた内容です。

[blockquote]
ここ2年くらい毎日遊んでいるのに毎月300万円くらいの収入があります。
これが私が潜在意識を使って叶えた一番大きなことかな。
[/blockquote]

[blockquote]今の生活は4年くらい前にノートや未来日記に書いていたことそのものであることに気づきました。(書いたことなど忘れてました)

こんな何のとりえもない私にもできたのだからみなさんにもできますよ。お金を手に入れる方法は無限にあるので、お金に対する常識や枠さえはずせれば比較的簡単なジャンルだと思います。[/blockquote]

[blockquote]多くの人がお金持ちになるという願望をイメージしたりしてるのに叶っていないのはお金に対して下のような制限された信念を持っているからだと思います。

[ul]
[li]働いた対価として得るもの[/li]
[li]努力や苦労した結果得るもの[/li]
[li]労働や商品やサービスを提供した結果得られるもの[/li]
[li]お金を得るのは大変(だから汗水たらして働いて得ないといけない)[/li]
[li]お金を得るのは難しい[/li]
[/ul]

私もこういった信念を持っている間は、ノートに書いたことが叶いませんでした。(ノートには未来日記のように叶った状態の一日の行動を書いて、今月の収入は400万円でした。と書いて最後に幸せと感謝の書きました。書いたのは1回のみです)[/blockquote]

[blockquote]他の人がお金に対してどんな信念を持っていようが、自分でお金に対して定義を自由にして、それを信念とすればそれが自分にとっての法則として機能します。

私は、お金は好きなことをしていれば勝手に入ってくるもの、毎日何をしてようが年収3000万以上入ってくるのが当然、私はそれに相応しい人間、私にはそういった権利がある、そういった運命にある、という信念を持っているので、私にとってはそれが法則として機能しているだけです。[/blockquote]

[blockquote]我々が酸素に対して持っている信念と一緒で、いつも回りにあって何をしていようが吸えば望んだだけ入ってくるという感覚です。「働いて酸素を得る」って意味が分からないですよね。それと同じです。[/blockquote]

[blockquote]同様にお金に対して自分の好きなように定義してください。自分の好きな年収を設定してください。何か特定のことで稼ぎたいというのがあるなら投資で3000万とかでもいいですし、好きなことしながら、遊んでいながら3000万とかでもいいです。

定義したら、潜在意識に信念として植えつくまで毎日しつこくアファメーションなどをします。

「お金というのは好きなことをしてれば勝手に入ってくるもんなんですよ」
「私は遊んでいて年収3000万が当然の人間なんだ、3000万が相応しいんだ」
「私は遊んでいてもお金持ちになる運命なんだ」
「また今月も通帳に500万振り込まれてたよ・・・誰が振り込んでくれるんだろう?」

「¥ 潜在意識でお金を得る ¥」初代スレより 【199メソッド】 | 引き寄せの法則 【LOAの部屋】[/blockquote]

お金のメンタルブロックをアファメーションで強制的に外し、自分なりの「お金に対する定義」を新しい信念として潜在意識に植え付けるという方法です。

この方法は信念の書き換えに根気がいりますが、非常に強力です。

いったん信念が書き換わると、後述する「ホメオスタシス」の働きでそうそう簡単にはお金のメンタルブロックは再発しません。

つまり199さんのおっしゃるように、お金は苦労して手に入れるものではなく、空気のように望んだだけ手に入るという信念通りの現実が引き寄せられてくるというわけです。

[internal id=1622]
[internal id=1634]
[internal id=36]
[internal id=59]
[internal id=133]
[internal id=887]
[internal id=2572]

引き寄せの法則で仕事の成功を手に入れられる?

経営者として成功したい、天職に出会ってやりがいのある仕事をしたいなど、仕事上の成功を手に入れるにも引き寄せの法則は効果的です。

仕事で成功をおさめようという話になると、「がむしゃらに行動する」とか「1日14時間以上働く」とか、「とにかく行動することでビジョンが見えてくる!」という話をする人が必ずいます。

しかし、引き寄せの法則の本質から考えれば、順番が逆です。

引き寄せの法則を活用するには、まずゴールを明確にすることがとても大事です。

イメージングやアファメーションを実践していく中で、「どんな自分になりたいか?」というイメージを明確にしていきます。

そのイメージが明確になればなるほど、潜在意識の働きであなたはどんどんそれに近づいていくことができます。

起こす行動のすべてが、イメージの自分を引き寄せます。

逆に、ゴールをはっきりさせないままいくら行動を起こしても、それはほとんどの場合徒労に終わります。

これは行き先を教えられないまま、ただ「行け!」と言われているようなもので、むしろゴールにたどり着ける方がおかしいですよね。

[internal id=201]
[internal id=170]
[internal id=177]

引き寄せの法則で人間関係の悩みも解決できる?

学校や職場の人間関係で悩んでいる場合も、引き寄せの法則を活用することで解決できます。

現在は「空気を読む」とか「職場の潤滑油」とか、とかく場の雰囲気を壊さないことが大事だという風潮がありますが、引き寄せの法則的に考えれば、もっとも注意を払うべきなのは「自分の感情」です。

自分を押し殺して場の雰囲気に合わせようと考えると、どんどん息苦しくなります。

また、そうして自分を二の次に扱うことで、セルフイメージを下げてしまうことにもつながります。

人間関係の悩みの多くは、上司・同僚・友人などに「気の合わない人」がいるというものではないかと思います。

そうした問題を解決するには、何より「気の合わない人に意識を集中しない」ことが大切です。

私たちは、意識を集中したものほど強く引き寄せます。つまり、気の合わない人について「どっか行ってくれ」とか「消えろ」と考えていると、消えるどころかどんどんあなたとの関わりが深くなってしまいます。

気の合わない人との関わりを絶つには、何より「無視」が一番なのです。

できるだけ注意を向けない・反応しない。そうすることで、自然とその人との関わりがなくなっていきます。

[internal id=149]
[internal id=203]
[internal id=602]
[internal id=793]
[internal id=586]

引き寄せの法則で理想的な容姿を手に入れられる?

顔や身長など、容姿に関するコンプレックスを抱えている人もいると思います。

実は、引き寄せの法則で容姿を変えたという体験談は、意外と多くあります。

後ほど少しご紹介しますが、芸能人の方の中には「私はかわいい」と毎日鏡の前で自分に語りかけることを習慣にされている人もいます。

こうすることで、潜在意識のレベルから自分の外見に対するイメージが変わっていきます。

引き寄せの法則のすごいところは、それが自分の気持ちがポジティブに変わるということだけにとどまらないことです。

引き寄せ系の某掲示板には、潜在意識の力を活用して容姿を劇的に変えたという体験談がいくつも書き込まれています。

[blockquote]俺はイメージの力(潜在意識の力)で別人のようになりました。
顔・体型ともに自分でも驚くほど。昔の知り合いに会うと必ずびっくりされます。

今「ハンサム★スーツ」という映画がやってますが、リアルにあの位の変化がありました。
昔は嫌なあだ名をつけられていじめられたりしましたが、今では職場の女性達の間でプリンスと呼ばれてます。

俺は谷原章介のようになりたかったので(だからハンサムスーツの映画が公開されてびっくりしました)自分の容姿が谷原章介のようになってることをできるだけ、仕事中も遊んでるときも常に意識してました。

最初のうちは鏡を見ないようにしました。あと谷原章介が出てる雑誌やテレビも。「自分ではない他人だ」と意識してしまうので。記憶に頼ってなりきり続けることですかね。

半年たった頃にははっきり見た目が変わりました。特に最近は初めて会う人からは「かっこいい」「モデル?」など、ほぼ容姿について褒められます。自分の人生にこんなモテ期が訪れるとは本当に思ってなかったです。[/blockquote]

[blockquote]顔はほんと変わる。
私はずっと、ある芸能人の顔が好きだったんだけど、すごくそっくりになったし、正直今は自分の顔のほうが好き。他人には言えないけど、自分の顔で嫌なところはひとつもないし、むしろ大好きで鏡見るのが楽しすぎる。[/blockquote]

[blockquote]私はなりたい顔になりきってましたよ~。
少しでも近い要素を発見したらもっと似るようにイメージしてました。
鏡見たら自分をほめるのは最強効果あります。スタイルも確実に良くなります。[/blockquote]

[blockquote]顔って本当に変わります。
昔広末涼子が売れまくってた頃、広末になりたいと願っていました。
その時は大して似てるとも言われなかったのですが…

何をしてたか…ですかw
鏡見ながら『広末涼子そっくり(はぁと)』とうっとりしてましたww
似てると言われる人は、よく変わりますね。うっとりしてたらすぐ変わる訳ではないんですけどねw[/blockquote]

[blockquote]自分は数値を記録してたんですが、明らかに骨格から変わりましたよ!
変わったのは目下の長さと口許の出っ張り、顔の横幅です

目下:10.3cm→9cmで目から上唇は5.5cm→5cm

口許:鼻と顎に定規を付けた状態で口が定期に触れなくなった
(今までは口が邪魔して定期を架けられませんでしたw)

横幅:これは細面がコンプだったんですが12cm→13cmに

やってた事は鏡法、紙に書くアファ、1000回、なりきりです![/blockquote]

[blockquote]潜在意識で骨格は変えられるぞ!

丸顔から逆三角形の輪郭になったよ
あと肋骨が締まってアンダーが細くなってきた
マッサージとかもしてるけど鏡見ながらアファってたら、みるみる変わってビックリしてる

なりたい顔になろう!まとめ[/blockquote]

みなさんそれぞれ工夫して実践されていますが、アファメーションやイメージングで潜在意識に働きかけているという点は共通していますね。

このように、潜在意識にある思い込み(信念・思考の癖)を手放すことで、理想の容姿でさえ引き寄せることができるわけです。

特に思春期の多感な時期は、自分の容姿にコンプレックスを持ちやすいかと思います。

でも「自分はどうしてこんななんだ……」とガッカリしていると、余計に自分の魅力を遠ざけてしまいます。

まずは、自分をほめるところから始めてみましょう。

そうすることで、セルフイメージも高まり、潜在意識がもっとあなたの魅力を高めようと動き出します。

[internal id=491]
[internal id=153]
[internal id=1608]
[internal id=497]
[internal id=505]

引き寄せの法則で健康も引き寄せられる?

引き寄せの法則で、健康さえ引き寄せることができます。

実は「病は気から」というように、人間は経験として心身がつながっていること、思考が健康に作用することを知っているのです。

あなたももしかしたら、事故で半身不随になり、医者からも絶望的と言われた人が歩けるようになったとか、癌で余命宣告された人が笑い続ける生活をしたところ、身体から癌がきれいさっぱり消えてしまったというような話を聞いたことがあるかもしれません。

『ザ・シークレット』でも飛行機事故から奇跡の回復をした人のエピソードが紹介されていますので、興味があったら読んでみてください。

健康の引き寄せで何より大切なことは、思考の方向付けを習慣化することです。

すなわち、毎朝「私は安全で健康です」というようなアファメーションをしたり、鏡の前で身支度を整える際に「今日も顔色がいい」「今日も元気で健康」というような感じで自分に語りかけるのです。

そうすることで、潜在意識に「私は健康でいることが自然な状態なんだ」という固い信念を作り上げることになります。

ひとつ注意点として、アファメーションや自分に語りかける際には、ネガティブな言葉を使わないようにしてください。

たとえば、

[check_list]
[li]私は事故に遭いません[/li]
[li]私は癌になりません[/li]
[li]私は老いとは無縁です[/li]
[/check_list]

というような、意味としては問題なくてもネガティブな言葉が入ってるような文章でアファメーションはしないようにしましょうということです。

潜在意識には、否定・肯定の概念がありません。

「事故」と聞けば事故を引き寄せ、「癌」と聞けば癌を引き寄せることにもなりかねません。

ですので、先に紹介したように

[check_list]
[li]私は安全で健康です[/li]
[li]私は毎日顔色がいい[/li]
[li]私は今日も元気で健康です[/li]
[li]私はいつもハツラツとしています[/li]
[li]私はいつも若々しい[/li]
[/check_list]

というような感じで、ポジティブな言葉で文章を構成するようにしましょう。

[internal id=2559]
[internal id=429]
[internal id=98]

なぜ引き寄せの法則がうまくいかないのか?

「引き寄せの法則とは?」という話になったとき、よく「思考が現実になる法則」という言われ方をします。

これは事実なのですが、少しばかり言葉足らずなために多くの誤解を招いてしまっています。

ですので、ここで改めて「思考が現実化する」の本当の意味についてお話ししていきたいと思います。

9割以上の人がしている、引き寄せの法則に対する大きな誤解

9割というのは単に私の印象で、根拠はありません。

とはいえ、メール相談を頂いていると、本当に多くの人がこの部分を誤解していたり、重要視していないなと感じます。

言いかえれば、ここをしっかり理解して引き寄せの法則を活用すれば、それだけで現実が一変することもありえるわけです。

思考は、そのまま現実になる

まず一つ目は、思考は「そのまま」現実になるということ。

よく言われることですが、裕福になりたいという願望を持った人が「お金がほしい」「お金持ちになりたい」と願っても、多くの場合それが叶うことはありません。

なぜなら、それらのイメージや言葉の影には「今は」お金がない、「今は」お金持ちではないという欠乏感が隠れているからです。

もう一度言いますが、思考は「そのまま」現実になります。

そのため、この場合はその「欠乏感」がそのまま引き寄せられてくるというわけです。

どれだけ強く願望をイメージしたとしても、そこにネガティブな感情が伴っていれば、幸せな形で引き寄せは起こりません。

ですので、イメージングやアファメーションをするとき、できれば日常生活の中でも、自分の感情には敏感になってください。

今自分はワクワクしているのか、イライラしているのか、リラックスしているのか?

今自分が感じているその感情を、今あなたはそのまま引き寄せているのです。

うまくいかない人ほどネガティブな言葉を多用している

次に、言葉の持つはかり知れない力について。

「言霊」という言葉がありますが、昔の人は言葉の持つ力というものを経験として知っていたように思います。

言葉は「声」に乗ります。声とは「音」。

音はたしかに存在しますが、目には見えませんよね?

つまり、言葉は見える世界(物質世界)と見えない世界(スピリチュアルの世界)との間に存在するもので、言葉を活用することで見えない世界に働きかけることができるわけです。

言葉のこの性質を利用したのが、アファメーションです。

潜在意識は、私たちが発する一言一句を聞いています。

そのため、私たちが不用意に発したネガティブな言葉でさえ、潜在意識に刷り込まれている信念(思考の癖)に影響するのです。

もしあなたが引き寄せの法則をうまく活用できていないと感じるなら、普段使っている言葉に意識を集めてみてください。

もしかしたら、驚くほどネガティブな言葉で埋め尽くされているかもしれませんよ。

願いを引き寄せる過程で起こる好転反応について

引き寄せの法則を活用しはじめると、願望を引き寄せる過程で「好転反応」と呼ばれるものが起こることがあります。

イメージングやアファメーションなど引き寄せの法則活用法を実践していると、だんだんと思考が安定して「いいこと」を引き寄せやすい状態になってきます。

すると、日々いくつも嬉しいこと・楽しいことが起こるようになり「このまま願いも叶うかも!」とワクワクして過ごせるようになるかもしれません。

そんなときに突然、望まないできごとが起こったり、願望が遠ざかるようなできごとが降りかかったりすることがあります。

これが「好転反応」です。

好転反応の起こる仕組み

せっかく引き寄せがうまくいっていたと思ったのに……

好転反応が起こると、がっかりしてしまう人も多いでしょう。

ではなぜ、こんなことが起こるのでしょう?

それは、私たちの脳が持つある機能に原因があるのです。

ホメオスタシスとコンフォートゾーン

私たち人間の脳には、現状を維持しようとする「ホメオスタシス」という機能があります。

ホメオスタシスとは日本語で「恒常性」というような意味で、引き寄せの法則や潜在意識、脳科学などをテーマにした本などでは「恒常性維持機能」という呼び名で紹介されることもあります。

私たち人間が文明を築く前、まだ動物として生活していた頃、人間にとってもっとも重要なことは「生存すること」でした。

そして、生存するためには「少なくとも生きていられる状態」である「現状」を維持することがもっとも確率が高いのです。

そのため私たちは、本能のレベルで変化を嫌うようにできています。

そして、私たちが危険を感じずにいられる範囲、言いかえればホメオスタシスが安全と判断した範囲のことを「コンフォートゾーン」といいます。

このコンフォートゾーンの中にいさえすれば、私たちは危険な目に遭う確率は低く、必死に動き回らずとも生存できるわけです。

ホメオスタシスが変化するあなたを引き戻そうとする

ホメオスタシスとコンフォートゾーンのおかげで、特段の努力をせずとも現状を維持し、快適に生活することができます。

しかし、引き寄せの法則を活用して願望を引き寄せようという場合には、その引き寄せようとする思考とホメオスタシスとの間で反発が起こります。

願望とは、基本的にコンフォートゾーンの外にあります。

そのためホメオスタシスは、あなたが願望を引き寄せようとすると「普段と違うぞ!」と言ってあなたを元の場所、つまりコンフォートゾーンに引き戻そうとするのです。

そのため、願望を引き寄せる過程でこれまでと同じ状態にとどまらせるため、願望から遠いもの(=これまでと同じもの)にあなたの思考をフォーカスさせようとします。

そのために、望まないことなど「やっぱり無理なんだ……」と思わせるようなことに遭遇してしまうというわけです。

好転反応は必ず起きるわけではない

とはいえ、引き寄せの法則を活用すると必ず好転反応が起こるかといえば、そういうわけではありません。

私自身、好転反応などを経験せずに願望が叶ったことは何度もありますし、他にもすんなりと願望を引き寄せたという体験をしている人はたくさんいます。

なぜ好転反応が起こったり起こらなかったりするのかといえば、それは潜在意識に植え付けられた信念の書き換えの進み具合に関係しているというのが私の考えです。

引き寄せの法則を実践することにより、信念が変化する。

それにより、あなたのコンフォートゾーンが移り変わりつつあれば、ホメオスタシスが強い反発をしないために好転反応が起こらないのです。

注意して頂きたいのは、「引き寄せには好転反応が必ず起こる」と考えないで頂きたいことです。

そう考えてしまうことで、「願望が叶う前に望まないことが必ず起こる」という現実を引き寄せてしまうことにもなりかねません。

好転反応があってもなくても、願望は叶います。

[internal id=89]

著名人の引き寄せエピソード

実は著名人の中にも、引き寄せの法則を活用している(いた)、もしくはその存在を知っているような発言をされている人がたくさんいます。

ここでは、その一部を紹介します。

村田諒太さん(プロボクサー/ロンドンオリンピックミドル級金メダリスト)

[balloon]「オリンピックで金メダルをとりました。ありがとうございます。 村田諒太」と書いた紙を常に目に入るよう、冷蔵庫に貼っていた。[/balloon]

[balloon]「未来日記」はほぼ毎日、「金メダル獲れました。ありがとうございます」で締められている。
これは妻、佳子さんが、冷蔵庫の扉に「オリンピックで金メダル獲れました。ありがとうございました」と書いて貼っていたことに影響されたもの。

「未来日記の原点は、ここかもしれません」と語った。[/balloon]

[balloon]ロンドン五輪の決勝前日には、ノートに、こんな未来日記を綴っていた。

「決勝戦。判定で勝った。最後まで試合をあきらめなかった。念願の金メダルを取った。これも周りの人たちのサポートと、家族のお陰だ。感謝の気持ちを忘れずにいたいと思う。佳子! 佳子! いつもありがとう!」[/balloon]

[balloon]「僕は2011年の五輪予選直前から、日々の練習の反省点などをノートに記録していましたが、五輪直前に手法を変えました。未来日記形式で、まず目標やテーマを『できましたと過去形で書いてしまう、それから、練習に出かけるようにしたんです』」
 例えば、2012年7月13日の日記には、こう書いてある。

”スパーリング 頭も振れたし調子良かった。”

この日も前もって『頭を振れた』と書いたことで、スパーリングではパンチをもらいませんでした。[/balloon]

[balloon]グローブをつけてリングに上がったら、課題は覚えてません。でも、事前に『できました』と書くことで、テーマが潜在意識に刻まれ、その通りに動けるようになるんです。僕はこれを毎日、繰り返すことで、本番までに課題をクリアしていきました。[/balloon]

ロンドンオリンピックミドル級で金メダルを獲得し、その後プロに転向されたボクサーの村田諒太さんは、引き寄せの法則や潜在意識の力をうまく活用されていました。

ポイントとしては、願望を過去形で書かれていることです。

これは上でもお話しした「今」の思考がそのまま現実になるという性質をうまく利用した方法です。

これがもし「金メダルをとります」という書き方をしていたら、もしかしたら「今は金メダルを獲れていない」という方向へ思考が言っていたのかもしれません。

また発言の端々に奥様への感謝の気持ちが表れていて、感謝というものが引き寄せの法則を活用する上でいかに重要なのかが分かります。

本田圭佑さん(プロサッカー選手/日本代表)

[balloon]「将来の夢」

ぼくは大人になったら、世界一のサッカー選手になりたいと言うよりなる。

世界一になるには、世界一練習しないとダメだ。
だから、今、ぼくはガンバッている。
今はヘタだけれどガンバッて必ず世界一になる。

そして、世界一になったら、大金持ちになって親孝行する。

Wカップで有名になって、ぼくは外国から呼ばれてヨーロッパのセリエAに入団します。
そしてレギュラーになって10番で活躍します。
一年間の給料は40億円はほしいです。

プーマとけいやくしてスパイクやジャンバーを作り、世界中の人が、このぼくが作ったスパイクやジャンバーを買って行ってくれることを夢みている。

一方、世界中のみんなが注目し、世界中で一番さわぐ4年に一度のWカップに出場します。

セリエAで活躍しているぼくは、日本に帰りミーティングをし10番をもらってチームの看板です。

ブラジルと決勝戦をし2対1でブラジルを破りたいです。
この得点も兄と力を合わせ、世界の強ゴウをうまくかわし、いいパスをだし合って得点を入れることが、ぼくの夢です。[/balloon]

プロサッカー選手の本田圭佑さんは、少年時代から未来の自分の姿をかなり詳細に想い描いていたことがうかがえます。

ただ、夢を語ると「お前には無理だ」と否定の言葉を投げかけてくる、ドリームキラーという存在に必ずと言っていいほど遭遇します。

そのため、必ずしも自分の願望を他人に伝える必要はありません。

たしかに言葉にして他人に伝えることは引き寄せのおいてメリットもありますが、ドリームキラーに遭遇するデメリットの方がずっと大きいからです。

その点で言えば、本田さんは非常に強い精神力を持っているとも言えますね。

タイガーウッズさん(プロゴルファー/生涯獲得賞金額歴代1位)

[youtube]

[/youtube]

[balloon]2005年に行われたあるトーナメントで、

タイガー・ウッズのライバルがパットを外せば、

自分の優勝が決まるシーンがありました。

普通ならば、「入るな!」と願うシーンです。

しかし、タイガーは相手のパットを「入れ!」と願いました。

結果は、ライバルがパットをミスしてしまい、タイガーの優勝となりました。[/balloon]

潜在意識は、その言葉が誰に向けられたものかを区別しません。

そのため、もしタイガー・ウッズさんが「入るな!」と願っていれば、それはそのまま自分の潜在意識に届いてしまいます。

上で言霊の話をしましたが、ネガティブなことを口にしないというのはこういう理由もあるわけです。

矢沢永吉さん(ロックミュージシャン)

[balloon]キャデラックに乗って、10メートル先のタバコ屋にハイライト買いにいくことが夢です。[/balloon]

矢沢永吉さんが貧しい境遇から成り上がったのは有名な話ですね。

極貧の少年自体を過ごし、上京後もしばらくはホームレスのような生活をされていました。

しかし「BIGになる」と言い続け、本当にBIGになってしまいました。

そんな矢沢さんが無名の時代からよく口にしていたというのが、上記の言葉です。

そして、実際にそれを実現しました。

[balloon]イベントスタッフの手違いで泊まる予定の部屋を間違えた際に、「すみません、スウィートルームのつもりが間違えてツインルームになってしまいました」と言われました。

その時に矢沢永吉は「部屋が無いんじゃしょうがないよ。僕は別にいいから。ただ、YAZAWAが何と言うかな?」と言ったそうです。[/balloon]

この発言からも、矢沢さんがご自分のセルフイメージを大切にされていることがうかがえます。

松田聖子さん(歌手・女優/80年代のトップアイドル)

[balloon]鏡に向かって「私はかわいい」と言うのを習慣にしていた。[/balloon]

容姿の引き寄せで効果的とされている方法を、松田聖子さんは自然と習慣にされていたようです。

[balloon]あるテレビ番組の企画打ち合わせで、構成作家に対して「おもしろいけど、松田聖子はこんなことしない」と発言。[/balloon]

上で紹介した矢沢永吉さんのエピソードと同様、松田聖子さんがセルフイメージを大事にされていることが分かります。

中谷美紀さん(女優・歌手/日本アカデミー賞受賞多数)

[balloon]自分の願いが叶った瞬間をイメージすると、ほんとに願いが叶うんです。なんか笑っちゃうぐらい見事に叶うんです。
それは私がこういう仕事をしているから特別っていうことじゃなくて、誰しも本当に願ったことって叶うんじゃないかしらと常々思ってまして……。[/balloon]

[balloon]世界を自分の側に引き寄せる体質はイメージトレーニングや軽い瞑想によってすごく強化されたと思います。[/balloon]

中谷美紀さんは、毎日の瞑想を習慣にされているそうです。

自分のイメージ(思考)に集中することが引き寄せにおいていかに重要かが分かるエピソードです。

山田涼介さん(歌手・俳優・タレント/男性アイドルグループ「Hey! Say! JUMP」のメンバー)

[balloon]したいことがあったら過去形で言葉にする
「ドラマに出たい」というのではなく「ドラマに出ました」と宣言する。
「ドラマにでました」と言っていたら金田一少年の出演が決まった[/balloon]

アファメーションをとても上手に活用されていることが伝わるエピソードです。

有村架純さん(女優/日本アカデミー賞・ブルーリボン賞など多数受賞)

[balloon]夢を叶えるためには、口に出すことがすごく大事だなって思ってます。

声のお仕事をマネージャーさんとやりたいねってずっと言っていたんですけど、そういう中で今回のオーディションのお話が来たんです。

最初は正直「受かるかな~」って言っていたんですけど、途中から「いや、受かる!大丈夫!」って言っていました。そしたら本当にそういう風になって、言霊ってあるんだなって。

「私はダメだ」とかじゃなくて、「大丈夫」って口に出してみてほしい。未来のいい自分をイメージしてみることが大事かなって思いました。[/balloon]

言葉の力の強さが分かるエピソードです。

最初は半信半疑だとしても、何度も口にすることで思考がその波動で整ってくるわけですね。

北川景子さん(女優・モデル/日本アカデミー賞・エランドール賞など多数受賞)

[balloon]一日の始まりに『今日は絶対いいことがある!お願いします!悪いこととかは考えないようにしてる。その代わりに自分をほめてあげるんです。[/balloon]

これも引き寄せの法則をうまく活用した例です。

いろいろな書籍で紹介されていますが、一日の最初にその日一日に感謝することで、どんどんいいものを引き寄せることができます。

是非毎日の習慣にしたいものです。

井ノ原快彦さん(歌手・俳優・タレント/ダンス&ボーカルユニット「V6」のメンバー)

[balloon]信じて疑わない気持ちをもてば、夢すら ”単なる予定”になる。[/balloon]

これは潜在意識やセルフイメージの性質を的確にとらえた言葉です。

「夢は叶って当たり前」「自分はその夢を実現できて当然」という信念やセルフイメージをもつことで、願望を強力に引き寄せることができるわけです。

東尾理子さん(プロゴルファー・タレント/アメリカフューチャーズツアー優勝)

[balloon]「ゴルフで打つボールを左に飛ばしたくない!」と思ってると頭は、それが否定形であるかどうかなんて判断できないのでそのまま左に打ってしまうようになる。だから左の事を忘れて、「右に打つ事」を思ってるとうまく行く。[/balloon]

否定形やネガティブな言葉を使うデメリットがよく分かる発言です。

潜在意識は言葉の肯定・否定の区別をしません。ただ、イメージをそのまま現実に引き寄せようとします。

「左に飛ばしたくない!」と言葉にしても、実際にイメージとして浮かんでくるのは「左に飛んでいるイメージ」です。

アファメーションで否定の言葉を使わないというのは、こういう理由なのですね。

松浦亜弥さん(歌手・女優・タレント・元アイドル/NHK紅白歌合戦6年連続出場)

[balloon]「私はかわいいんだ」って、周りがなんて言おうと思い込んでいたから芸能人になれた。[/balloon]

容姿の引き寄せで効果的とされている方法に、鏡の前で「私はきれい」と自分に何度も語りかけるというものがあります。

松浦亜弥さんは、芸能人になられる前からそれを自然とされていたようです。

[dl]
[dt]参考ページ[/dt]
[dd]

[/dd]
[/dl]

このブログに寄せられた引き寄せ体験談

このブログでは、引き寄せの法則や潜在意識の活用についてのメール相談を受け付けています。

その中で、過去にご相談頂いた方からその後に願望が叶ったという嬉しいご連絡を頂くことがあります。

ここでは、その一部をご紹介します。

先月は第一目標としていた100万円を超えて135万円となりました。

[balloon]お世話になっております。

ブログで、私のメールでの質問に回答を頂きましてありがとうございます。
お忙しい中、丁寧な回答に感謝致します。
記事を見つけた時には、本当に嬉しかったです。

その後、収入は順調に増えておりまして
先月には80万円を突破致しました。
今月は、第一目標の100万円に達することができそうな感じです。

引き寄せには以前から興味があり
一昨年から昨年の始めにかけて引き寄せの個人セッション(一回数万円)なども
何度か受けておりますが、理解できず効果が出ませんでした。

諦めかけていた時に、玉野様のサイトを見つけて
一気に読み、電子書籍もすぐに購入させて頂きました。
電子書籍は知りたい事が凝縮されていて本当に助かりました。
こんなにお安い金額でいいの?と思うほどの充実した内容でした。

その後は本当に順調で、玉野様のサイトに出会って
目標の月収100万円まで半年以内に達成できそうです。

お礼とご報告がしたくてメールさせて頂きました。
素晴らしいサイトと書籍をありがとうございます。
記事内でご紹介頂いた願望実現ノートも実践しております。
これからも願いを叶えるために頑張ります。[/balloon]

[balloon]いつも大変参考になる記事をありがとうございます。

20万円の月収がアファメーションなどを実践して
50万、80万となり、お陰様で、先月は第一目標としていた
100万円を超えて135万円となりました。

今月は今日で125万円になっております。
今年中に、月収200万円を目指しています。

これもこちらのサイトに辿り着くことができ
電子書籍を購入させて頂いたおかげです。

本当に感謝致します。[/balloon]

[internal id=1928]

願いが叶う為にある時間のように思えて凄く愛おしいです!

[balloon]こんにちは。以前たこやきのお話で、ご相談させていただいた者です。
メール相談にご回答頂き、ありがとうございました。

今回はご相談ではなく、中途半端ですがご報告です^_^

前回ご相談させて頂いた彼とは、その二ヶ月後にもう二度と会いたくないほど傷つけられてしまいました。
彼も私が怒ったのに気づいて機嫌を取ろうとしてきたのですが、無言で立ち去りました。
瞑想もこの恋愛には向かなかったんだ。。と思い辞めました。全てを諦めました。

そうしたところ、急に自分のやりたかった事をさせてもらえる仕事に就けたり、恋愛ではなく仕事運が向上していったんです。
それから半年、更にスキルアップがしたいと思い瞑想を始めました。

すると今度は、半年ぶりに彼に会うチャンスが何度かあり、過去にイメージしてた、彼にキスされる。街中で手を繋ぐ。などなど、今はまだ付き合ってはいないのですが、すんなり達成されました。
半年前にもう終わったと思ってた恋愛が、今頃進み始めたようです。笑
今考えてみれば、あの時傷つけられていなければ今はなかったのです。

その後も瞑想を続けてます。
お仕事の方も、スキルアップさせてくれる素晴らしい職場に出会えました。
ほんの少し前の私では、想像もできない流れで叶いました。

潜在意識って魔法のようなシチュエーションで叶うんだと思ってたのですが、結構現実的で、それでもって凄く不思議なルートを辿るんですね。
そして叶ったときは、気持ちも意外と冷静で穏やかなんですね。笑

そう考えると今この瞬間ですら、願いが叶う為にある時間のように思えて凄く愛おしいです!
これからも願望達成に向けて楽しく過ごします。

いつも素晴らしい記事をありがとうございます!
寒くなってきましたので、お身体を大切にしてくださいね。

最後までお読み頂き有難うございました^_^[/balloon]

[internal id=1882]

連絡したところ無事2回会うことできました。

[balloon]外国人との遠距離復縁で相談し、先日回答いただいたものです。

相変わらず彼から連絡がないままでしたが、休暇で○○(彼のいる場所)に行くので連絡したところ無事2回会うことできました。

前のように恋人同士という感じではありませんでしたが、忙しい中時間を割いてくれましたし、なかなか一度に元に戻るのは無理なのでここからまたスタートできればいいかなと思っています。

本当に会ってくれるか不安だった時、とにかくネガティブにならないようアファメーションを続けました。

アドバイスいただいたように彼の幸せを第一にイメージング頑張ります!

また進展がありましたらご報告させていただきます![/balloon]

3年間音信不通だった彼から連絡がきました。

[balloon]虎さんこんにちは。

私は以前メール相談で長期戦の復縁について相談させて頂きました。
その節はありがとうございました。

虎さんの簡潔且つ筋の通った回答のおかげで、強い信念を持って瞑想を続けることが出来ました。

そして3年間音信不通だった彼から連絡がきました。本当に不思議ほどトントン拍子で止まっていた時間が流れ出しました。

本当にありがとうございました。
これからも引き続き瞑想を続けてゴールを目指します。[/balloon]

潜在意識は間違わない

[balloon]今日の夕方に、お仕事のことであるアイディアが頭に浮かびました。

で、その瞬間は「それがいい!早速今日、あの人に提案してみよう」と思って、その人がいる場所に向かったのですが、その間、「有り得ないことではないが、普通の人はやらないよな」とか「嫌がられるかも」と思ったりして、「やっぱりやめておこうか」と何度も思ったのですが、そのアイディアが浮かんだ時の感覚を信じて、提案と相談をしてみたのです。

そしたら、その人は「おもしろい」と言ってくださって、協力をしていただけることになりました。頼みに行っていながら、意外でした。

虎さんがブログで「潜在意識は間違わない」とおっしゃっていたのを思いだしました。

これが、願望実現への潜在意識が決めたルートなのかなと。[/balloon]

厳選まずはこの5冊!引き寄せの法則のおすすめ本

これまで、引き寄せの法則がどんなものなのか?

その本質や活用法から体験談、うまくいかない原因など一通りお話ししてきました。

ここでは、引き寄せの法則についてさらに理解を深めたいというあなたのために、おすすめの本を5冊厳選してご紹介します。

すべて私が実際に内容を確認し、自身の経験や考えと照らして本当におすすめできるものばかりです。

「引き寄せ関連の本はいっぱいあって、どれがいいのか分からない…」というあなたは、まずはこの5冊からお手に取った頂けたらと思います。

引き寄せの法則エイブラハムとの対話

まずは何といってもこの『引き寄せの法則 エイブラハムとの対話』です。

この本をはじめに読んでおくことで、引き寄せの法則の全体像がぼんやりとでも見えてきます。

その上でイメージングやアファメーションに取り組んで頂ければ、きっとご自身の経験・実体験をとおして引き寄せの法則の本質の部分を深く理解できると思います。

引き寄せの法則は魔法でも呪術でもなく、一定の条件下で常に働く「法則」です。それ以上でも以下でもありません。

むやみに恐れたり訝しんだりするのではなく、「法則としての引き寄せ」をはじめの段階で理解しておくことで、無駄な遠回りをせずに済むかもしれません。

そういう意味でも、まずはじめに読んで頂きたい本です。

何もしなくてもお金がどんどんやってくる!: 奇跡を自動的に引き寄せる方法

最近読んだ中では一番のヒットがこれです。

ユウコ・アサダさんという方の『何もしなくてもお金がどんどんやってくる!: 奇跡を自動的に引き寄せる方法』。

全編をとおして、お金の引き寄せの本質について書かれています。

また注目すべきは、引き寄せの法則関連の本には珍しく、メソッドやワークのようなものは一切紹介されていない点です。

ただひたすら、「お金を引き寄せるために大切なこと何か?」について書かれています。

裏を返せば、それだけその「大切なこと」というのに価値がある、そこに気づけていない人が多いということであるのかもしれません。

誰でも「引き寄せ」に成功するシンプルな法則

水谷友紀子という方の『誰でも「引き寄せ」に成功するシンプルな法則』です。

この本に書かれている内容は、私の引き寄せの法則や潜在意識に対する考え方・捉え方と非常に共通点が多く、書かれていることにも共感することが多かったです。

イメージング(本書の中では「ビジュアライゼーション」と表現されています)による引き寄せについて主に書かれていますが、紹介されている実践法も私の方法と似ていて、読みながら何度も頷いてしまいました。

イメージングについてさらに理解を深めたいというあなたには、是非読んで頂きたい本です。

ネガティブがあっても引き寄せは叶う!

メール相談を頂いていて感じるのが、やはり「ネガティブな感情とどう向き合っていくのか?」について悩んでいる人が多いということ。

それについては、この『ネガティブがあっても引き寄せは叶う!』がヒントになるかもしれません。

勘違いされることが多いところですが、引き寄せの法則を活用するのに、ネガティブな思考を完全に排除する必要はありません。

むしろ、ネガティブな思考を抑えつけようとすればするほど、ネガティブ思考が強くなってしまうため逆効果です。

引き寄せの法則を活用する上で知っておいて頂きたいのは、たとえネガティブな思考があってもポジティブ優勢の思考状態であれば引き寄せは起こるということです。

以前に引き寄せ関連の掲示板か何かで「1%でもネガティブがあると叶わない」という書き込みを見たことがありますが、そんなことはありませんし、そもそもネガティブを完全に排除することは不可能です。

そんなことができてしまえば、私たちは危険を察知することができずにすぐトラブルに巻き込まれてしまします。

重要なのは、ネガティブ思考を抑え込もうとするのではなく、その存在を認め、受け入れてあげること。

その上で、ポジティブな感情を伴いながら願望をイメージして、ポジティブ優勢な状態に自分の思考を持って行ってあげるのです。

それが一番、ネガティブを強力にさせない効果的な方法。

この本では、そういうネガティブな思考や感情との付き合い方・対処法について詳しく書かれています。

すごい引き寄せ 潜在意識を飼い馴らす方法

なかなか過激なタイトルだな、というのが最初の印象でしたが、読んでみたら「願望を叶えるための潜在意識との向き合い方」について真摯に解説された素晴らしい内容でした。

あえてタイトルに「飼い馴らす」と書かれているのは、潜在意識とは私たちを支配しようとするものではなく、常に私たちを見守ってくれている最高の味方であるという想いがあるようです。

その通り、潜在意識を恐れる必要はありません。それどころか、常にあなたのほしいものを届けようとあなたがオーダーするのを待っている、とてもありがたい存在です。

ただ、潜在意識とのコミュニケーションにはコツがいります。

この本は、潜在意識の性質やコミュニケーションのコツをつかむのに大きな助けになってくれるでしょう。

潜在意識の大きな力に、どこか怖れを感じている、見方ではなく自分の主(あるじ)のように感じてしまうというようなあなたにはおすすめの一冊です。

引き寄せの法則 虎の巻: 引き寄せがうまくいかない人のための指南書

厳選5冊といいつつ、手前味噌ですが6冊目に私の電子書籍を紹介してしまいます。

私の経験した願望実現のプロセス、そのときに実践していたイメージングやアファメーションの方法、引き寄せの法則や潜在意識関連の資料を読み漁る中で得た気づきについてまとめてあります。

このブログのメインテーマでもある、「引き寄せがうまくいかない人への指南書」のつもりで書きました。

[check_list]
[li]どうしても叶えたい願望がある[/li]
[li]いまいち引き寄せを実感できない[/li]
[li]実践している方法があっているのか分からない[/li]
[/check_list]

というようなあなたには、きっとお役に立てる内容になっています。よかったら読んでみてください。

引き寄せの法則関連の良書を見分ける方法

ついでですが、引き寄せの法則関連の書籍で良書を見分ける方法についてお伝えします。

もっとも内容を確認しないことには良書かどうか判断できませんので、買う前に見分けられるわけではないことをご了承ください。

一言で引き寄せ関連の書籍といっても、その内容はさまざまです。

ときには真逆のことが書いてあることもあるでしょう。

そのため、読んだはいいが内容の良し悪しが判断できなければ、簡単に「引き寄せ迷子」になってしまいます。

ということで、ここでは良書を見分けるための判断基準をいくつかご紹介したいと思います。

「引き寄せは誰にでもできる」と書かれている

私自身、引き寄せは実践すればするほど、その本質に触れるほどに「誰にでもできる」という想いを強くしています。

そもそもの話になりますが、引き寄せの法則とはこの宇宙で一定の条件下で常に働いている「法則」です。ある特定の人しか使えない特殊能力ではありません。

そのため「引き寄せは誰にでもできる」というのは、言ってしまえば当たり前のことなのです。

しかし、ごくたまに「それは能力の高い人だから効果があっただけ。私たち凡人は……」というような言い回しで、自分にとってたまたま効果のあった(ように感じる)方法に誘導するような内容のものがあります。

こういう書籍で問題なのが、著者自身が自分のことを「凡人」と思っている、つまりセルフイメージが低い可能性があるということ。

さらには「私たち凡人は……」ということで、読む人のセルフイメージにまでよくない影響を及ぼしてしまうおそれがあるということです。

タイトルがポジティブ!

ものすごく根本的なところですが、タイトルがポジティブなものには良書が多いと感じています。

さらに言えば、タイトルにポジティブなワードとネガティブなワードを両方含みつつ、バランスが取れているものは内容的に充実しているように思います。

この辺りは出版社の編集者などプロの方が考えられている場合も多いと思うので、「さすがだな」と思うこともあります。

そういう意味では上で紹介した『ネガティブがあっても引き寄せは叶う!』なんて絶妙ですね。

『すごい引き寄せ 潜在意識を飼い馴らす方法』も「飼い馴らす」というワードの強烈さと「すごい引き寄せ」というシンプルで力強くポジティブなワードのバランスがいいです。

「そんなこと……?」と思われるかもしれませんが、これまで何百冊と引き寄せ関連の本を読んできた中で感じたことなので、一つの判断基準にはなると思っています。

読んでいていい気分になれる

これはけっこう大事で、読んでいていい気分になれるということは、ポジティブな言葉を中心に書かれているということ。

そうした「ポジティブな言葉のシャワー」を浴びるだけで、潜在意識にいい影響が期待できます。

また上でお話ししましたが、引き寄せの法則を活用する基本は「いい気分」でいること。

その本を読んでいる間ずっといい気分でいられるなら、引き寄せにとってこれほどいいことはありません。

悪書の特徴~注意してほしいのはこんな本~

良書を見分けるポイントをお話ししましたが、逆に悪書によくある特徴について少しだけ。

とりあえず以下の特徴があるものは、途中であっても読むのをやめることをおすすめします。

[check_list]
[li]してはいけないことばかり書かれている[/li]
[li]読んでいて不快になる[/li]
[/check_list]

してはいけないことばかり書かれている

本のタイトルを失念してしまいましたが、以前お金の神さまと会話ができるようになったと称する女性が書かれた本を読んだことがあります。

その本は、「お金の神さまはこれが嫌い。だからこういうことをしてはいけない」というような内容に終始していました。

私の個人的な考えとして聞いてほしいのですが、こうした否定・禁止についてばかり書かれているのは悪書の典型です。

そもそも「神さまはこれが嫌いだからしてはいけない」という考え方は、神さまに気に入られなければ幸せになれない、自分には支配者がいて自分は隷属する存在であると言っているようなものです。

そうした信念(思考のルール)に則って生きるのは、実は従来の(苦痛を伴う)生き方と何ら変わりません。

つまり、お金は苦労して手に入れるもの(=神さまに気に入られることが必要)ということですね。それを「神さまからのメッセージ」として伝えるわけですから、控えめに言って質(たち)が悪いとしか言いようがありません。

そうした社会通念があるからこそ、過労死するまで追い詰められる人が出てきてしまうわけです。

引き寄せの法則の本質に照らせば、お金は苦労してもしなくても手に入ります。

お金を得るのに苦労する・しないは関連がないからです。

繰り返しになりますが、思考が「そのまま」現実になります。あなたが自分のことを「好きなことをしていてお金持ち」と思っていれば、その通りの現実が引き寄せられてくるのです。

読んでいて不快になる

これは当たり前といえば当たり前ですが、読んでいて不快になる本は読むのをやめましょう。

「せっかく買ったから……」と嫌な気分になりながらも我慢して読んでいると、もしかしたら本の代金以上のものを失うことにもなりかねません。

読んでいて不快になるのは、多くの場合ネガティブな言葉が多用されていることが原因です。

言葉は潜在意識に働きかけますので、そうした本を読むことは、わざわざお金を払って潜在意識を汚しているようなものです。

おもしろいもので、引き寄せの法則や潜在意識をテーマとして扱った「幸せになるためには」という内容の本でさえ、ネガティブな言葉にまみれたものがあったりします。

最近読んで印象に残っているのは、「嫌なヤツ」とか「イライラ」とか「不安」というような言葉が1ページに1回は出てくるというすごい内容でした(もちろん途中で読むのをやめました)。

ちなみにこの本のタイトルもネガティブワードをメインに構成されています。タイトルは本の内容を端的に伝えるものですので、当たり前といえば当たり前ですが。

引き寄せで奇跡を起こすためのコツ

さて、ここまで引き寄せの法則についていろいろな角度からお伝えしてきました。

最後に、引き寄せの法則を活用する上で大事な考え方やちょっとしたコツについてお話ししたいと思います。

まずは思考を整えることが第一

どれだけ強くイメージングしても、繰り返しアファメーションをしても一向に変化が訪れない、いつも現実に引き戻されてしまうというお悩みは、根本となる思考や潜在意識に植え付けられている信念(思考の癖)に原因がある場合がほとんどです。

いくらイメージングやアファメーションをしても、信念が以前のまま、つまり今ある望まない現実を引き寄せた思考の癖がそのまま残っていれば願望の引き寄せにとって大きな障害になります。

そういう場合は、願望を引き寄せる下準備として瞑想やアファメーションなどによって思考の根本(=信念)から変えていく必要があります。

瞑想のやり方は、以下の記事で詳しくご紹介しています。

[internal id=2410]

ひとことで「アファメーション」というと混同してしまうかもしれませんが、潜在意識に植え付けられている信念を書き換えるためのアファメーションと願望を叶えるためのアファメーションは目的が違うと(ひとまず)考えてください。

通常、願望を引き寄せるためのアファメーションでは、「私はお金持ちだ」というように願望を現在形・過去形で文章にして何度も唱えます。

しかし、信念がその願望を受け入れられる状態になっていないと、いくらアファメーションをしたところで潜在意識の反発が出てしまいます。

潜在意識にある信念とは、言いかえればあなたが「こうあるべき」と考えている自分の思考のルールです。

そのため、信念と願望のベクトルが違う場合に、潜在意識は「そんなはずない!」とこれまでの思考習慣に引き戻そうとするのです。

ですので、まずは願望を引き寄せたときに、それを潜在意識が受け入れられるよう信念を書き換えておく作業が必要になるのです。

根本的な信念の書き換えには、上で紹介した すべての願望に有効な最強のアファメーション が効果的ですので、是非試してみてください。

自分の感情に敏感になる

感情とは、今私たちが何を思考しているかを教えてくれるシグナルであると同時に、私たちが願望を実現していく先にあるゴールでもあります。

先ほども言いましたが、私たちがなぜ願望を叶えようとするのかといえば、それは「幸せになるため」です。

では、幸せとはどのような状態かといえば、穏やかだったりワクワクしたり、喜びが湧き上がってくるなどの「感情」を感じたときです。

そのため、私たちは自分の感情に敏感であることが大切になります。

自分の感情に鈍感だと、自分が今どんな思考をしているのか気付けないばかりか、せっかくの幸せを十分に感じられないことになってしまいます。

私たちの発する波動は、思考によって決まっています。つまり、どんな思考をしているのかによって、引き寄せられてくるものが変わるのです。

それなのに自分の感情に鈍感(=自分がどんな思考をしているのかに鈍感)だと、自分が「今、何を引き寄せているのか」も分からなくなってしまいます。

感情に敏感になって、嫌な気分のときには意識的にワクワクするようなことを考えて思考の方向を変えていくように心がけましょう。

感情に敏感になると、そうした「思考のコントロール」が上手になります。

上で紹介した瞑想やアファメーションで思考の癖である信念を書き換えつつ、思考のコントロールができるようになれば、引き寄せのスピードは格段に上がってくるでしょう。

自己中心的に生きる

人間は本来、自己中心的にしか生きられません。

しかしそこに社会通念とか一般常識、倫理観などの価値観とともに、「自分を押し殺して他人のために生きる」ことが美徳だと教え込まれるがために、生きることに息苦しさを感じてしまう人が大勢いるのです。

あなたはまず、誰のためでもなくあなたのために生きてください。

恋人のため、伴侶のため、お子さんのためにあなたは生きているのではありません。

あなたは、あなたのために生まれ、あなたのために人生を送っているのです。

自分を喜ばせる生き方が、私たちが本当の意味で幸せになる生き方です。

そのためには、自己中心的ある必要があるのです。

「自己中心的でいい」ではなく、「自己中心的である必要がある」。

やさしくてまじめな人ほど、すぐには受け入れがたいことかもしれませんが、それは「自己中心的な生き方がどんなものか?」をちょっと勘違いしてしまっているからかもしれません。

一般的には、自己中心的というと「他人に迷惑をかけても構わない」「無責任な振る舞いをする」というような印象があるかもしれません。

しかしここで言う自己中心的とは、そういう独善的な考え方ではなく、周りの人をも巻き込んで幸せになれる素晴らしい生き方なのです。

私たちの思考には波動があり、似た者同士が共鳴し合うという話をしました。

また、これもギターを弾いたことがある人だとイメージしやすいですが、ある弦を強く弾くと、触ってもいないのに同じ音階の弦が自然と振動する「共振」というのが起こります。

これと同じことが、私たちの思考でも起こるのです。

つまり、あなたが気分よく過ごし、その思考による波動が強くなればなるほど、あなたの周りにいる人もあなたの影響で気分の良よくなるような思考をするようになるのです。

そうなることで、願望の引き寄せがスムーズになるばかりでなく、あなたの元には自然と人が集まるようになります。

もしかしたら、人気者ほど「自己中心的」な思考の持ち主なのかもしれませんよ。

社会の常識をそのまま受け入れない

上で少し社会通念や一般常識について話しましたが、そういう社会の常識を無条件に受け入れてしまわないでください。

たしかに他人を傷つけないなどの倫理観や道徳は大切ですが、現代社会で常識とされている価値観の中には、あなたを幸せから遠ざけるようなものもあります。

分かりやすいのは「石の上にも三年」などの「すぐに投げ出すのはよくない」「すぐやめるのは根性のない証拠だ」というような考え方ですね。

引き寄せの法則の本質が分かれば、やりたくもない仕事を我慢して続けたり、尊敬もできない経営者や上司の元で働くことに何のメリットもないことは分かります。

そんな会社を辞めたところで、引き寄せの法則をちゃんと活用すればもっといい仕事や会社に出会うことは難しくありません。

そんな会社にしがみつくのは、セルフイメージを落とし、潜在意識を汚し、さらには自分の命まで危険にさらすような行為とも言えます。

このように、社会常識とされる価値観の中には、経営者などの「人を雇う側にとって都合のいいもの」が多く紛れ込んでいます。

それをそのまま受け入れてしまうのは、他の誰のものでもないあなたの人生を、他人に売り渡してしまうことにもなりかねないのです。

我慢することで、本当の意味で誰かが幸せになることはありません。

むしろ、あなたはあなたのために、自分を幸せにするために生きた方が、結果的に他人も幸せにできるのです。

ネガティブな感情を抑え込もうとしない

「引き寄せの法則の活用がうまくいかない」という人に多いのが、ネガティブな感情を必死になって抑え込もうとしていることです。

引き寄せの法則の観点から見れば、思考を集中したものほど存在感を増し、力が強くなります。

ネガティブな感情を抑え込もうとすることは、それだけネガティブな感情に思考を集中させるのと同じこと。

つまり、その分だけネガティブな感情が大きく力強いものになってしまうのです。

ネガティブな感情への正しい対処法としては、ただ「思考を傾けないこと」です。

抑え込もうとするのではなく、ネガティブな感情があることを受け入れ、その上で他の気分のよくなるものへ思考を転換していくのです。

ちょっとややこしいかもしれませんが、ネガティブな感情というのも必要なものなのです。

なぜなら、私たちはネガティブな感情があるからこそ、危険を事前に察知して回避することができるからです。

そういう意味では、ネガティブな感情にだって存在意義はあります。

そう考えれば、ネガティブな感情にだって、ある種の愛着や愛おしさも湧いてくるかもしれません。

ですから、ネガティブな感情に気づいたら、それを無視したり拒絶したりしないでください。かえって強力にしてしまいますので。

そうではなく、受け入れて、受け流す

それがもっともネガティブな感情に振り回されない、効果的な対処法なのです。

まとめ

以上、引き寄せの法則について私がお伝えできることはすべて書いてみました。

もちろん、ひとつひとつをもっと掘り下げていけば、お伝えしたいことはまだまだあります。

しかしそれらは、実際に引き寄せを活用する前にお伝えしても、あまり意味のないものばかり。

まずはここでお伝えしたことを踏まえて、見よう見まねでいいので引き寄せに取り組んでみてください。

素直に実践して頂ければ、きっと日々の生活の中に、奇跡が起こる兆しが見つかります。

そうなれば、一気に引き寄せが加速するはずです。

ABOUT ME
玉野 虎
月収12万円・独身・彼女ナシの状態から、潜在意識と引き寄せの法則を活用して開始から3か月で復縁、6か月で月収100万円突破、1年半で結婚と人生を大きく変えました。
『引き寄せの法則』のワナを暴くメール講座

引き寄せの法則には、ほとんどの人が気づいていない『ワナ』があります。

引き寄せの法則を使いこなす人と、振り回されて終わる人。
その違いは、どこにあるのか?

誰も知らない【引き寄せの秘密】をこっそり教えます。

無料で受講する