結婚の引き寄せがうまくいかない人に共通することとは?

結婚の引き寄せがうまくいかない人に共通することとは?

結婚したいのに出会いがない、周りの友達は次々と結婚していくので気持ちが焦る…

引き寄せの法則を活用して結婚を引き寄せようと、アファメーションや瞑想&イメージングなどを実践しているのになかなかうまくいかない。そんな場合には、もっと根本的なところに問題があるのかもしれません。

「いい人がいれば…」というぼんやりとした願望

結婚に限らず、引き寄せがうまくいっていない人は自身の願望を明確にしていないかもしれません。

結婚願望があるといいつつ「どこかにいい人がいれば…」と言っている人をたまに見かけますが、そんなふうに願望がぼんやりしたままではなかなか引き寄せの法則が働かないのが実際のところです。またたとえ引き寄せられたとしても、自分の願望を明確にしていないため、理想とは大きくかけ離れた結婚生活が待っているでしょう。

結婚に対していいイメージを持っていない

結婚したいと言いつつ、結婚に対していいイメージを持っていません。「結婚は人生の墓場」とか「結婚はお金が掛かる」と言った感じで、結婚をイメージすると暗い気持ちになるのなら、本当に自分が結婚を望んでいるのか心に問いかけてみる必要があります。

また、両親に「結婚はまだ?」と急かされているため結婚を焦っているなど、願望の根本が自分ではなく他人にある場合もあります。結婚願望に限らず、意外にこういったケースも多くあるようなので心当たりがあるのならもう一度よく振り返ってみてください。

結婚後の生活に対してまったくビジョンがない

結婚したあと、どのような生活を送りたいのか? 子どもは何人ほしいのか、共働きなのか、住まいはどうするのかなどのビジョンがありません。

こういったビジョンがないということは、結婚というものに対して十分に思考を傾けていないことの現れです。「相手の意見も聞く必要があるから自分一人では決められない」と考えてしまうかもしれませんが、引き寄せの法則の観点からすると、こういった結婚後の具体的なことまで明確にしておくと、それにぴったりの人を引き寄せます。

まずあなたがどのような相手とどのような結婚生活を送りたいのかを明確にしましょう。いい相手に出会ってから考えるというのは、引き寄せの法則の活用法としては順序が逆です。

準備ができていない

そもそも結婚に対する準備ができていません。花嫁修業するとか、結婚資金を貯めておくとかの話ではなく、精神的な部分で理想の結婚相手と出会う準備ができていません。

そのため、チャンスを目の前にすると躊躇してしまいます。引き寄せの法則によってもたらされるチャンスは何の前触れもなく突然やってくることがありますから、気持ちの準備ができていないとなかなかすぐに引き寄せの波に乗ることができません。

これではせっかく願望を引き寄せてもすべて無駄になってしまいます。

まずは願望を明確に

以上が、結婚の引き寄せがうまくいかない人に多く見られる共通点です。上記に当てはまるなと感じた人でも、落ち込む必要はありません。まずは自分の結婚に対する願望をより具体的に鮮明にイメージし、それを受け取れる心の準備を整えましょう。

引き寄せの法則には過去・現在・未来といった時間の概念は関係ありません。これまで願望を明確にせず無駄に過ごしてしまったなんて考えないでください。

たとえ今日から引き寄せがうまくいくようになったとしても、実現にはしばらく時間が掛かるんじゃ… と思うかもしれませんが、今日はじめて今日叶うことだって十分あり得ます。

ですから悲観せずに、やがてくる結婚生活をイメージしながら毎日ワクワクと過ごしてくださいね。

《たった3分で運命を変える方法 ~星をよむ~》

ほんの少しの時間で自分の魅力や運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの生年月日や血液型の情報から導き出される『星をよむ』であなたの本質を理解すれば、悩みが消えて驚くほど人生が好転します。

今ならプロの鑑定師が「これから起こる“衝撃の真実”」を1000文字以上の鑑定結果として先着250名様限定『0円』でプレゼント中です!

変化が欲しいなら、今すぐ『無料診断』を試してみてください!

Author: 玉野虎

月収12万円・独身・彼女ナシの状態から、潜在意識と引き寄せの法則を活用して開始から3か月で復縁、6か月で月収100万円突破、1年半で結婚と人生を大きく変えました。