潜在意識と繋がる方法~瞑想とイメージ~

2016.07.05 2017.04.14瞑想・イメージング

潜在意識と繋がることで、恋愛やお金などの願望を叶え、人生をよりよい方向へ向かわせることができます。

本日は、潜在意識と繋がることでなぜそんなことが可能になるのか、そして、潜在意識をつながったときにどうすれば望んだ方向に人生を動かすことができるのかについてお話ししたいと思います。

潜在意識の持つパワーとは?

「潜在意識を活用すれば願いを叶えることができる」と聞くと、何か特別な訓練や才能が必要だと考えてしまうかもしれません。

しかし実際には、あなたはこれまでも、潜在意識の力を借りて人生を形作ってきたのです。今あなたが住んでいる家、持ち物、人間関係、お金、恋愛、すべてあなたが潜在意識を活用することで引き寄せたものです。

潜在意識には、あなたが持つ信念に基づいたものを引き寄せるパワーがあります。あなたが「自分は年収300万円くらいがちょうどいい人間だ」と思っていれば、その通り「年収300万円」の現実をあなたに引き寄せます。

あなたが「恋愛とは思い通りにならないもの」という信念を持っていれば、その通りにトラブル続きの恋愛ばかり経験することになります。

「どうして私の人生は不幸なことばかりなのだろう」と考えている人には、潜在意識がその通りにあなたにとって不幸なできごとばかりを引き寄せてくれるのです。

潜在意識とのコミュニケーションツール

とはいえ、もちろん不幸な目にばかり遭う人は不幸が好きなのかといえば、そんなことはありません。トラブル続きの恋愛をしながら「いつかは幸せな恋愛をしたい」と願うでしょうし、「お金持ちになりたい」と考えている貧乏な人もいるでしょう。

にもかかわらず、なぜ願いが叶わないのでしょう?

その理由は、潜在意識との「言葉の壁」にあります。ようは単純に、潜在意識には私たちの言葉が通じないのです。

たとえば街を歩いていて、突然外国人に何かを尋ねられたとします。そこでもしその人がスワヒリ語しか話せなかったら、たとえ尋ねられた内容が簡単なものだったとしても、あなたは理解することができませんよね? しかし、もしあなたがスワヒリ語を話せたなら、この外国人を助けてあげることができるわけです。

潜在意識と私たちの間でも、こんなことが起きているのです。では私たちは潜在意識とコミュニケーションをとるために、どうすればいいのでしょうか? 答えは、「潜在意識との共通言語をマスターする」ということです。

そして、その「共通言語(コミュニケーションツール)」というのが「イメージ」というわけです。

私たちは、この潜在意識とのコミュニケーションツールである「イメージ」の使い方を知らなかったばかりに、今まで意図しないものを引き寄せていました。

コミュニケーションツールであるイメージには、「文法(ルール)」があると考えてください。日本語や英語にも主語や述語などがあって、それを適切な順番で並べることで意味を持ちますよね。それと一緒です。

そして、イメージの文法のもっとも重要なのが「何度もイメージしたもの=望んでいるもの」と解釈されることです。

「どうして私の人生は不幸なことばかりなのだろう」と考えている人は、不幸なできごとについて四六時中考えています。過去のできごとを何度も思い返しては、その度に沈んだ気持ちになっているかもしれません。

お金持ちになりたいのに貧乏な人は、月末の支払いに恐怖したり、なかなか増えない口座の残高を見て憂鬱な気分になっているかもしれません。

そうして、人生の中でその人がより多く考える(=イメージする)ことを、潜在意識はその人の望みだと考えて現実に引き寄せてしまうのです。

ですから、これまでの人生が望んだものとは程遠いと感じるのであれば、単純にイメージの文法に則った方法でイメージをすればいいのです。

潜在意識とのコミュニケーションツールとしての「イメージ」を使う際のルールは、大きく3つあります。

  • 何度もイメージしたものが、ほしいものだと解釈される
  • 臨場感を持ってイメージしたものが、ほしいものだと解釈される
  • 過去・現在・未来などの時制は区別されない

何度もイメージしたものが、ほしいものだと解釈される

先ほども言ったように、潜在意識はその人が人生の中でより多くイメージしたものがその人の望みだと解釈します。

「彼氏が冷たい」と腹を立ててそのことを何度も考えることは、さらに「彼氏が冷たい」という現実を引き寄せてしまうことになります。彼氏にやさしくしてほしいなら、彼氏にやさしくしてもらっている場面をイメージするようにします。

お金がほしい場合も、「お金がほしい」と何度も考えることは、「お金がほしい」という状況をさらに引き寄せてしまうことになります。ですから、お金がほしい場合は「お金を持っている自分」をイメージするようにします。

臨場感を持ってイメージしたものが、ほしいものだと解釈される

潜在意識は、その人がより臨場感(リアリティ)を持ってイメージしたことを、その人の望みだと解釈します。臨場感(リアリティ)とは、たとえば映画を観て手に汗を握るとか涙するとか、現実ではないイメージに対してそうやって情動を引き起こされることです。

普段私たちは、現実世界で起こることに臨場感を持っていますので、現実世界で現在起こっていることと同じようなことが引き続き引き寄せられ続けます。これが、現状からなかなか抜け出せない人がいる理由なのです。

過去・現在・未来などの時制は区別されない

潜在意識は過去・現在・未来などの時制を気にしません。ですから、過去のことを悔やんで何度も思い出していると、それが望みだと勘違いして全力でそれと似たものを引き寄せます。不幸なことばかり起こる人はこうやって自分から不幸になっているということです。

また上の「何度もイメージしたものが、ほしいものだと解釈される」のところで言ったことと被りますが、「お金がほしい」というのは、もっと細かく言うと「将来お金を持った状態になりたい」ということです。それはイコール、現状はこのままでもいいと受け入れてしまっていることになります。

ですから、お金がほしいときには「お金を持っている自分」を”現在形”でイメージすることが重要です。そうすると、現実でのあなたとイメージのあなたの違いを潜在意識が認識し、そのギャップを埋めるために動き始めます。

瞑想で潜在意識と繋がる

さて、潜在意識とのコミュニケーションツールであるイメージのお話をしました。今度は、より潜在意識とコンタクトがしやすい状態になることができる「瞑想」についてお話ししたいと思います。

たとえば自分が道を歩いているとして、すぐ隣にいる人とマンションの5階にいる人とでは、どちらと話がしやすいですか?

もちろん、すぐ隣にいる人ですよね。マンションの5階の人と話をするには、より大きな声ではっきりと話す必要が出てきます。

普段の生活の中で、私たちは潜在意識の存在を認識することはありません。それは潜在意識と私たちがコミュニケーションを取りにくい状態にあることを示しています。たっきのたとえで言えば、私たちは普段、マンションの5階にいる潜在意識と大声で話しているようなものなのです。

これでは、意図がダイレクトに伝わらないのも無理のないことかもしれません。そこで、潜在意識とコンタクトしやすい状態になることが、願望実現の近道になると言うことができるわけです。その方法が「瞑想」です。

私がオススメしている丹田呼吸瞑想法では、丹田呼吸を一定時間繰り返すことで顕在意識の働きを抑え、潜在意識を活性化することでコンタクトしやすい状態になることができます。

この状態で、先に紹介したような形でイメージを潜在意識に伝えることができれば、よりダイレクトに潜在意識にあなたの願望が届くというわけです。

以上が、潜在意識と繋がる方法です。瞑想とイメージングは、ちょっとしたコツをつかむだけで人生を劇的に変えられる可能性を秘めています。これまで何をやっても人生が変わらなかったという人ほど、試してみてほしいと思っています。

photo credit: Roof jumping via photopin (license)

《たった3分で運命を変える方法 ~星をよむ~》

ほんの少しの時間で自分の魅力や運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの生年月日や血液型の情報から導き出される『星をよむ』であなたの本質を理解すれば、悩みが消えて驚くほど人生が好転します。

今ならプロの鑑定師が「これから起こる“衝撃の真実”」を1000文字以上の鑑定結果として先着250名様限定『0円』でプレゼント中です!

変化が欲しいなら、今すぐ『無料診断』を試してみてください!

Author: 玉野虎

月収12万円・独身・彼女ナシの状態から、潜在意識と引き寄せの法則を活用して開始から3か月で復縁、6か月で月収100万円突破、1年半で結婚と人生を大きく変えました。