引き寄せの法則

引き寄せを加速させるイメージングの3つコツ

願いが叶った状態をありありとイメージすることができれば、そのイメージが現実化する。

引き寄せの法則ではよく、こんな話がされていますよね。

そして、願望が叶った状態をイメージすることを「イメージング」とか「ビジュアライゼーション」などと言い、引き寄せを起こすためのワークとしていろいろな書籍やブログなどで紹介されています。

そのため、あなたも一度はイメージングを試してみたことはあるのではないでしょうか?

でも何せ自分の頭の中で起きていることですので、自分がイメージングをちゃんとできているのかいまいち自信が持てないという人も多いかと思います。

ということで今回は、引き寄せを加速させるためのイメージングのコツについてお伝えしていきたいと思います。

引き寄せるためのイメージング3つのコツ

押さえておくべきイメージングのコツは、以下の3つです。

  • 何度もイメージする
  • 長い時間イメージする
  • 強い感情を込めてイメージする

それでは、一つずつ見ていきましょう。

何度もイメージする

「こんなことになったら嫌だな…」と何度も考えていたら、本当にその通りになってしまったという経験はないでしょうか?

実はこれ、イメージが現実化しやすい条件なんですね。

いいことでも嫌なことでも、何度もイメージしたことほど引き寄せられやすいのです。

そのため、1日のうちにできるだけ何度も、叶えたいイメージを思い浮かべるようにしましょう。

仕事などで集中しているときは難しいかもしれませんが、ふと時間が空いたときや家でリラックスしているときなどにはいつも「願いが叶った状態を心から楽しんでいる場面」をイメージするよう習慣づけましょう。

人間は1日に6万回もの思考(イメージ)を繰り返していると言われています。

単純に考えれば、その6万回の思考のうちネガティブなものの方が多ければネガティブなものを引き寄せ、ポジティブなものが多ければポジティブなものを引き寄せるわけです。

また、人間のある一日の思考の95%は、その前日と同じ内容なのだそう。

つまり、今日ネガティブなことばかり考えている人は、昨日もその前の日も同じようにネガティブなことを何回も考えていたということになります。

これでは、いいものを引き寄せることの方が難しいですよね。

だからと言って、急にいいことばかりイメージしようとしても難しいわけです。

なぜなら、思考の95%は昨日と同じだから。

ということは、カギを握るのは残りの5%ですよね?

この「昨日とは違う5%」をできるだけポジティブなものにしていく意識が大切です。

これを一日、また一日と繰り返していくことで、コップの中の水が入れ替わるように、少しずつ思考がポジティブなものに置き換わっていくわけです。

長い時間イメージする

エイブラハムは書籍『引き寄せの法則 エイブラハムとの対話』の中で、

ある思考を17秒間キープすると引き寄せが始まり、その4倍の68秒間キープすれば現実が変わりはじめる

という趣旨のことを言っています。

また曹洞宗の開祖・道元は以下のような言葉を残しています。

何かを望むなら、その事柄を寝ても覚めても、ひたすら想い続けよ。そうすれば、たとえ、よこしまな思いでも叶えられる。

平たく言えば、イメージした時間が長ければ長いほど、そのイメージが現実化しやすいということですね。

ポイントとしては、これもその思考(イメージ)がポジティブかネガティブかは関係がないということです。

ワクワクするような楽しいイメージも、ゾッとするようなネガティブなイメージも、長く頭の中にあればあるほどそれが現実になります。

「職を失ったらどうしよう…」とか「お金がなくなったらどうしよう…」といつも気に病んでいる人ほど、本当にお金がなくなって困るという現実を引き寄せてしまいます。

反対に、今どれだけお金がなくても「まぁ、何とかなるだろう」と考え気持ちを切り替えられる人ほど、なんだかんだでその状況を切り抜けてしまいます。

エイブラハムなんて、ほんの17秒で引き寄せが始まると言っていますよね。

なんだか、引き寄せなんて簡単にできるような気がしてきませんか?

まずは頭にいいこと、ワクワクするようなイメージが浮かんだら、それをしばらくキープするところから始めてみましょう。

強い感情を込めてイメージする

強い感情を込めてイメージしたことほど、引き寄せやすいです。

これはエイブラハムもバシャールもマーフィー博士も口をそろえて言っていることなので、引き寄せにおいて特に重要なコツだと考えられます。

あなたはアクション映画を観ていて、時限爆弾がそろそろ爆発するのに主人公がチンタラしていてハラハラしたり、ラブストーリーで主人公と恋人の気持ちがすれ違ってヤキモキしたり、という経験はありませんか?

ときにはいつの間にか手にジワッと汗がにじんでいたり、心臓がドキドキしていたりすることもあるかもしれません。

これって、その映画に強く感情移入しているからですよね?

強い感情を込めてイメージするとは、つまり自分の願望が叶った状態をイメージしたときに、映画を観ているときのように感情移入するということです。

そして、その気持ちの度合いが強いほど、引き寄せが加速すると考えてもらえば大丈夫です。

たまに「自分がちゃんと感情を込めてイメージできているのか分からない」という人がいます。

でも、あなたが映画を観てハラハラしたり、マンガを読んでワクワクしたり、小説を読んで涙したりした経験があるのであれば、それは無用な心配です。

ほとんどの人は、イメージを現実化するのに十分な感情移入(「臨場感」と言ったりもします)を持つことができます。

「ちゃんとできているのかな?」と心配するよりも、自分の願いが叶った理想の世界をイメージの中で楽しむことを大切にしてください。

まとめ

以上、引き寄せを加速させるイメージングの3つコツでした。

ここでお伝えしたことはとても重要なポイントですので、イメージングを実践する際には必ずおさえて頂きたいと思います。

またもう一つ大事なこととして、何事も続ければ続けるほど上手になるということです。

イメージングも例外ではありません。

続けているうちにどんどん鮮明なイメージができるようになりますし、上で話したようにどんどんポジティブなイメージをしやすくなってきます。

どうか2~3日やっただけで「自分には向いていない」とやめてしまわず、しばらく続けてみてください。

きっとイメージングが楽しくなってくると思います。

そしてイメージングが楽しくなったらしめたもので、そのまま楽しく続けていれば、いつの間にか願いが叶っているでしょう。

ABOUT ME
アバター
玉野 虎
月収12万円・独身・彼女ナシの状態から、潜在意識と引き寄せの法則を活用して開始から3か月で復縁、6か月で月収100万円突破、1年半で結婚と人生を大きく変えました。
『引き寄せの法則』のワナを暴くメール講座

引き寄せの法則には、ほとんどの人が気づいていない『ワナ』があります。

引き寄せの法則を使いこなす人と、振り回されて終わる人。
その違いは、どこにあるのか?

誰も知らない【引き寄せの秘密】をこっそり教えます。

無料で受講する